【12月に入っても神戸第六防波堤タチウオ釣れます!】

2020.12.15

プロスタッフ 

CATEGORY :

時期 :

12月6日(日) 小潮 満潮 18:39 干潮 16:59

 皆様、こんにちは。 LUXXEプロスタッフ関根健太でございます。

今シーズン、日ムラはあるものの シーズン開幕からなんだかんだとタチウオの反応が続く神戸沖堤防群。

12月に入ってからもいつもお世話になってる神戸渡船様の船長からも 「釣れてますよ~」との声。

はい。これは行くしかありません!(笑)

12月6日(日)午後3時出船半夜便にていざ神戸沖提防へ

どの沖提防に上がるか迷うも比較的アングラーが少なく 私も最近お気に入りな「六防」をチョイス。

この日、六防に上がったアングラーはパラパラと言った感じ。

どちらかと言えば少し南に位置する八防の方が人気な様子。 釣り場を確保後、早速タックル準備。

私の右腕『LUXXE R WINDMASTER S86MH』に ルアーはいつもの『ワインドマスター ラウンドDヘッド14gシルバー』+ 『ワインドマスター スマートシャッド90』

神戸に沈む綺麗な夕陽を眺めながらキャスト開始。

フルキャスト後、ボトム付近へ沈めてから力を入れずに のんびりとスローワインド。

堤防際には今シーズン、あまり見ることがなかった 無数のカタクチイワシの群れ。期待大。

サバらしきバイトからの 本命タチウオの一本目は午後5時半。

中層付近で気持ち良く「ガツン!」 長さはそれほどではないものの太さがある いかにもこの時期らいしタチウオ。 (旨いんだな~これが・笑)

直後にもう一本追加。 これも太い!(笑)

その後もポロポロとバイトはあるものの フックアップに至らず… ちょっぴりロックフィッシュに遊んでもらって 午後9時にロッドオフ。

この日はどちらかと言えば神戸沖堤防群のなかでも 沖に位置するポーアイ沖堤防の調子が良かった様子。 逆に本来でしたらこの時期良くなる湾奥に位置する 五防ではタチウオは上がっていませんでした…(むむむ) なにわともあれ神戸沖堤防群では まだまだタチウオゲームは楽しめるかと… タチウオタックルを片付けるのはまだまだ早いですよ!(笑)

      

タックルデータ

《タックルデータ》

ロッド:LUXXE WINDMASTER R S86MH

リール:2500SH ライン:PE 0.8号

リーダー:ナイロン 40lb

ヘッド:ワインドマスター ラウンドDヘッド シルバー 14g

ワーム:ワインドマスター スマートシャッド90 各色

フック:トレブルRB-M(NSC) #6

トレーラーフック:ワインドトレーラー シングル タイプ ナノ #1/0

PRO STAFF

関根 健太Sekine Kenta

琵琶湖のバスフィッシングプロガイドとして活躍。 そのかたわら全国各地のルアーフィッシングの可能性を追い求め続ける。 あらゆるジャンルで得たルアーフィッシングの情報や、テクニックを琵琶湖のバスフィッシングにフィードバックし、琵琶湖の数多いプロガイドの中においても注目される一人。 1971年生まれ、滋賀県在住。