メインのベイトは・・・!?

2012.12.17

スタッフ 

■時期 ・・・ 11月下旬 ■場所 ・・・ 山口県 下関市 角島沖

12月に突入し、気温の低下とともに青物の活性も高くなって来ました。

121206_noguchi_04.JPG

しかし、青物のベイト(餌)となる小アジやイワシが、例年と比較すると極端に少ないとの話も多く聞きます。 現実に、ベイトの集まりが悪いのか、ヒラマサがなかなか釣れないような感じがします。 前回の釣行時に、ジギングでメジ(60cm程度のハマチ)を釣った時には、胃袋の中からは、小アジが出てきました。 メジやヤズを、10匹程度釣って、1本混ざるか混ざらないかの確立でヒットするヒラマサの胃袋からは、10cm程度のカタクチイワシが出てきました。

121206_noguchi_03.JPG

また、イワシの感度には、良型の真鯛もついている事が多くあり、高確率で釣れる事が分かりました。 11月の上旬に一時期、沖合でサンマの跳ねる姿が見られ、その後に良型のヒラマサや鰤が釣れ、シーズン突入なるか?と思われましたが、その後の一週間からなるシケの為に行方がわからなくなってしましました。 ベイトの安定感がないので、ジグのセレクトも大変、頭を悩ませます。 ここ最近はベイトが小さい為なのか、ショート系のジグの方が多くヒットするように思います。 最近は、ショート系のジグ スラック 150gをメインに使用。 カラーは、イワシやシルバー系をセレクトします。

121206_noguchi_02.JPG

アシストフックは、がまかつ アシスト64 近海ミディアム ダブルを使用して、真鯛やサワラ等の他魚種のバイトにも備えます。 厳冬期のロングジグでの良型ヒラマサのヒットが、頭の中から離れないのが現実ですが… ヒラマサ=ロングジグといった固定概念を持たずにベイトに合わせたジグやタックルの選択が重要だと感じている今日この頃です。 荒れ後の状況に期待したいと思います。

121206_noguchi_01.JPG

■場所: 山口県 下関市 角島沖

■タックルデータ ロッド:LUXXE Ocean JIGDRIVE S62M-RF     LUXXE Ocean ALMEA S60M-F     LUXXE Ocean ALMEA S61MH-F リール:10ソルティガ 4500番 ライン:PE3号 リーダー:フロロカーボン 12号 ジグ:スラック イワシカラー 150g他 フック:がまかつ アシスト64 近海ミディアム ダブル 5/0

LUXXE STAFF

野口 景太朗

野口 景太朗Noguchi Keitaro

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

オフショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • アシストフック 近海MS ダブル

    「ジギングフック近海MS」を使用したアシストフックのダブル

  • アシストフック 近海MS シングル

    「ジギングフック近海MS」を使用したアシストフック

  • アシストフック 近海ファイン タイプR(ロング)

    ナノスムースコート+軽量ジギングフックで掛ける!

  • アシストフック 近海ファイン タイプR(ショート)

    ナノスムースコート+軽量ジギングフックで掛ける!

  • アシストフック 近海ファイン PE ロング

    「近海ファイン」待望のアシストフック

  • アシストフック 近海ファイン PE ショート

    「近海ファイン」待望のアシストフック

  • ジグドライブ R

    ワイドパフォーマンスジギングロッドシリーズ