ひさしぶりに…

2011.10.15

スタッフ 

■時期 ・・・ 9月27日 ■場所 ・・・ 京都府 京丹後市網野沖他

9月後半、やっと朝晩が、過ごしやすい気候になってきました。 京都府丹後半島周辺も、ついに青物シーズン突入のはずなのですが… 個人的には、空振り気味の釣行が続いております。

9月27日、ついに鰤らしい『鰤』をキャッチしました。 当日のジギング船は、京都府京丹後市の浅茂川港より出船のアルバトロスさん(今井船長)にお世話になりました。

ポイントは、経ヶ岬沖の白石グリの110mラインです。 主なベイトは、カタクチイワシ。 使用タックルは、LUXXE Ocean JIGDRIVE S62ML-RFにジグは、カタクチイワシを意識して、ショート系の ブリス スラック150gをセレクト。 アシストは、がまかつ アシスト64 近海ミディアム ダブル 3/0をセレクトしました。

ポイント到着直後に、60cm程度のメジロをキャッチ。

111006_noguchi_02.jpg

メジロのバイトのあったボトム付近を、ジグをふわふわと動かすようなワンピッチジャークで狙います。 船底にラインが、入って行く流れで、ジグを打ち直そうと考えていた時にバイトがありました。

111006_noguchi_01.jpg

合わせた手ごたえから、どうやら鰤クラスの予感です。 PEライン2号・リーダーのフロロカーボン8号といった仕掛けなので、4kg前後に設定したドラグからは、ラインがどんどん出されます。 水深はあるものの比較的、根も荒くないポイントなので、出されては巻くといった動作の繰り返しで、時間を掛けて、なんとかキャッチしたのは、この時期にしては良く肥えた鰤でした。 その後も、小鰤とメジロをキャッチすることができました。

今回は、LUXXE Ocean JIGDRIVEシリーズの中でも一番ライトなLUXXE Ocean JIGDRIVE S62ML-RFを使用しましたが、的確なドラグの設定(今回は、PE2号なので4kgで設定)とノット(PRノットを使用)によって、非常に粘りのあるバットは、最大限の力を発揮します。 今後の釣行が、楽しみです。

111006_noguchi_03.jpg

■場所:京都府 京丹後市網野沖他

■タックルデータ ロッド:LUXXE Ocean JIGDRIVE S62ML-RF リール:ダイワ3500番 ライン:サンラインディープワン2号   リーダー:サンライン FC100 8号 ジグ:ブリス スラック150g(ブラックゴールド) フック:がまかつ アシスト64 近海ミディアム ダブル 5/0,3/0

LUXXE STAFF

野口 景太朗

野口 景太朗Noguchi Keitaro

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

オフショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • アシストフック 近海MS ダブル

    「ジギングフック近海MS」を使用したアシストフックのダブル

  • アシストフック 近海MS シングル

    「ジギングフック近海MS」を使用したアシストフック

  • アシストフック 近海ファイン タイプR(ロング)

    ナノスムースコート+軽量ジギングフックで掛ける!

  • アシストフック 近海ファイン タイプR(ショート)

    ナノスムースコート+軽量ジギングフックで掛ける!

  • アシストフック 近海ファイン PE ロング

    「近海ファイン」待望のアシストフック

  • アシストフック 近海ファイン PE ショート

    「近海ファイン」待望のアシストフック

  • ジグドライブ R

    ワイドパフォーマンスジギングロッドシリーズ