再び三陸の海へ

2011.10.01

スタッフ 

■時期 ・・・9月26日 ■場所 ・・・宮城県 牡鹿半島周辺

震災から半年が過ぎ、少しずつではありますが前に進んでいるように感じる今日この頃です。 そんな中、被災した各地でも遊漁船の営業が再開されています。 今回は、遊漁船を利用し、震災後初の三陸ボートロック&シーバスに行って来ました。 数日前の台風の影響が残り、けして状況は良いとは言えませんが、また大好きなこの三陸の海でロッドを持てる事、そして、師である石巻の中村氏とこの海に浮かべる事に、熱いものが込み上げてきました。

まず、私達が狙ったのは、この季節に大型の可能性が高まるシーバスです。 使用したタックルはLUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-Rで、ルアーはRapala X-Rapのカウントダウンモデルです。 ウェイトの軽いミノーを使用する際でもレングスとキャスタビリティの良さで飛距離の求められる三陸の磯撃ちでも狙ったポイントへ確実にミノーを運ぶことが可能です。 今回お世話になったキャプテンも震災後のシーバスは初とのことで、これまで通りのポイントに魚が入っているか心配とのことでしたが、60~85cmまで船中10本を越える釣果に恵まれました。 私のこの日の最大は70cm台で、決して満足出来るサイズとは言えませんが、久々のシーバスのファイトに興奮を覚えました。

110929_kano_03.jpg

そして、これからの季節の三陸と言えば、何と言ってもロックフィッシュです。 本当のハイシーズンまでは後数ヶ月ありますが、すでに第一弾はさしてきました。 今回のアベレージは40~45cmクラスとまだまだ三陸の真のポテンシャルとは言えませんが、久々のコン!という気持ちいいバイトとアイナメ特有の首振りファイトに船中大盛り上がりとなりました。

110929_kano_01.jpg

そんなこれからの三陸ロックフィッシュのマストなアイテムがLUXXE Coastline 岩鬼FII B70H-RFと、がまかつ ボトムノッカー・オフセットです。 確実にこのタックルの組み合わせでなければ取れない魚が存在しますので、周りに差を付けたい方は是非是非ご使用下さい!

東北のみならず、関東まで広くファンの多い三陸のロックフィッシュゲームですが、震災以来自粛されて居られる方も多いのではないでしょうか? 今現在、災害復旧のため陸からのゲームは難しい状況です。 しかし、まだまだ数は少ないものの遊魚船の営業はすでに始まっております。 地場産業の一つである遊漁船業をご利用頂き、その地で食事を取り、釣具を購入頂ければ、それが復興の足を速める事にも繋がります。 釣り人に出来る支援の一つに『釣りに行くこと』があると私は思っています。 是非、豊かな三陸の海へ釣りに来て下さい。

110929_kano_02.jpg

■場所:宮城県 牡鹿半島周辺

■タックルデータ ・シーバス ロッド:LUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-R リール:ダイワ ブラディア3000 ライン:Rapala ラピノヴァX 0.8号+フロロ20lb. ルアー:Rapala X-Rap 10cm フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー

・ロックフィッシュ ロッド:LUXXE Coastline 岩鬼FII B70H-RF リール:シマノ スコーピオン1501-7 ライン:Rapala Sufix832 1.5号+フロロ16lb. リ グ:ジグヘッドリグ フック:がまかつ ボトムノッカー・オフセット#1-14g ルアー:エコギア バグアンツ3inc

LUXXE STAFF

鹿野 栄健

鹿野 栄健Kano Eiken

所属エリア :

東北エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

タイラバ

RELATED ITEM関連アイテム

  • ボトムノッカー オフセット

    オフセットフックタイプの変形ラウンドジグヘッドです!

  • ボトムノッカー ストレート

    定番「ボトムノッカー」の「ストレートフック」タイプ!