ライトタックルでヒラマサ

2011.09.02

スタッフ 

■時期 ・・・ 7月31日 ■場所 ・・・ 山口県 下関市沖

7月30日土曜日の22時過ぎ、集合場所であるラグゼプロスタッフ永井誠一氏の自宅に関根健太氏と行ってみると… 当初の予定であった石川県能登半島とは、大きく違い明日31日は、山口県下関市にヒラマサを釣りに行こうとの事です。 LUXXE Ocean ALMEA S60M-Fで、ジギング&インチクで根魚・真鯛を… といったタックルのまま、山口県下関市に直行となりました。

当日は、天候も良く風もあまりなく釣り日和。 明け方のうちは、ほとんどバイトが無く、潮の動き始めに永井誠一氏のジグにヒット。

110823_noguchi_05.jpg

こちらは、3kg前後のヒラマサです。

イワシみたいなベイトの感度が出ているとの事なので、ジグは、ショートタイプのブリス スラック120gに変更。 アシストフックは、この秋に発売予定のがまかつ アシスト64 近海ミディアム ダブル5/0のテストモデルを使用しました。 このアシストは、触れるようなバイトでもしっかりと捕える抜群のフッキング性能を誇り、ライトタックルでの青物狙いのジギングでは、欠かすことのできないアシストフックです。

110823_noguchi_02.jpg

後は、使用するジグの幅やサイズによって、フックのジグへの抱き付きに注意して、3/0・5/0・7/0から適合するサイズを選択すれば良いと思います。

ハマチクラスを数本キャッチしてから、ボトムでヒラマサがヒット。

PEラインは、2号で5kg程度に締め込んだドラグが、小気味良く出されます。 ロッドは、ややライトなLUXXE Ocean ALMEA S60M-Fで、バットから曲がっています。

110823_noguchi_03.jpg

ロッドの粘りを駆使して、ボトムから魚を浮かせ、無事にネットイン。 待望のヒラマサです。

110823_noguchi_01.jpg

その後も使用するPEライン・リーダーが、細いためか魚にも警戒されにくいのか非常に良くヒットします。 船中3人で、ヒラマサやハマチの数釣りを楽しんだ後は、LUXXE Ocean ALMEA S61MH-Fに持ち替えて、ジグも150gにサイズアップしてサイズアップを狙います。

しばらくの沈黙の後、当日の最大魚が、関根健太氏にヒット。

110823_noguchi_04.jpg

やはり夏マサ! ボトムから、一気に引きます。 LUXXE Ocean ALMEA S61MH-Fのパワーで、ボトムから浮かせて取り込んだヒラマサは、今回最大の9kgでした。 その後は、ボトムも中心にジグをシャクリましたが、潮が緩むとともにチャンスが終了。 海水の温度も高かったのでイケスの釣れた魚の状態も考慮しての早い目の沖上がりとなりました。 夏のヒラマサは、サイズ問わずに良く引きます。ボトム周りでの、ズドンといったバイトは最高です。今後もヒラマサ狙いのプチ遠征が、続きそうです。

■場所:山口県 下関市沖

■タックルデータ ロッド:LUXXE Ocean ALMEA S60M-F    リール:スピニング ダイワ3500番      ライン:サンラインディープワン2号    リーダー:フロロカーボン サンラインFC100 10号 ジグ:ブリス スラック120gピンク他 フック:がまかつ アシスト64 近海ミディアムダブルで使用     がまかつ アシスト64 近海ミディアム ダブル(完成品ならこちらがお勧め)

LUXXE STAFF

野口 景太朗

野口 景太朗Noguchi Keitaro

所属エリア :

関西エリア

釣りジャンル :

オフショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • アシストフック 近海MS ダブル

    「ジギングフック近海MS」を使用したアシストフックのダブル

  • アシストフック 近海MS シングル

    「ジギングフック近海MS」を使用したアシストフック

  • アシストフック 近海ファイン タイプR(ロング)

    ナノスムースコート+軽量ジギングフックで掛ける!

  • アシストフック 近海ファイン タイプR(ショート)

    ナノスムースコート+軽量ジギングフックで掛ける!

  • アシストフック 近海ファイン PE ロング

    「近海ファイン」待望のアシストフック

  • アシストフック 近海ファイン PE ショート

    「近海ファイン」待望のアシストフック