輪島沖のヒラマサ

2011.07.20

スタッフ 

■時期 ・・・ 7月3日、6日 ■場所 ・・・ 石川県 輪島沖

前回、ヒラマサをキャッチできなかった事もあり、石川県能登半島通いが続きます。 例年であれば、7月に入るとヒラマサの釣果も落ち着いてくるのですが、シーズン当初の数釣りとは行きませんが、10kgオーバーがあがったなど、単発の釣果になったもののまだまだ狙えるようです。

7月3日の日曜日には、なんとかコヒラをキャッチしたのですが、なかなか納得がいきません。 翌週の6日水曜日も行って来ました。 平日なので、休日と比較すると遊魚船も少ないので大チャンスと思いきや…漁船&遊漁船もほとんどが出船。 なかなかうまくいかないものです。

他船は、マグロのボイル待ちとキャスティングでのヒラマサ狙いがメインみたいなので、私達の船は、比較的水深の浅い七ツ島周辺をジギングで狙う事に。 ここ、七ツ島周辺のジギングでは、 水深が10~20m程度と水深が浅いので、ジグをキャストして距離を稼ぎ、斜め引きの様にジグを泳がす感じで釣っていきます。

110713_noguchi_04.jpg

今回のメインタックルは、LUXXE Ocean ALMEA S61MH-Fを用意。 ジグも泳がす事を意識して、当初用意していたものよりも軽い、ブリス タチナロジグ 100gをセットしました。 浅場のヒラマサは、前アタリといったバイトもなく一発喰いの傾向が強いように感じる事から、素早く鈎掛りに優れたがまかつ シングルフック64 近海ミディアムをタンデムで使用しました。

110713_noguchi_03.jpg

当日、開始数十分で、予想通りに水深20mラインの島周りでヒラマサらしき引きの魚がヒット。 しかし、少しのやり取りで残念ながら、フックアウトに… その後、地方名「ラギ」といったハマチサイズを釣っていると、ボトム周辺でヒット。

110713_noguchi_02.jpg

約6kg設定のドラグを少し出して、やり取りを楽しんだ魚は、本命の5kgクラスのヒラマサでした。 水深の20m程度の根回りのヒットで、夏マサを思い起こさせるサイズ以上の引きを楽しむことができました。 春のヒラマサの全層パターンのジギングもどこで来るか?といったドキドキ感がたまりませんが、やはり、強烈な引きの夏マサジギングも最高です。 この後も、輪島沖・長崎県対馬他と釣場を変えながら、可能な限り狙ってみたいと思います。

110713_noguchi_01.jpg

■場所:石川県 輪島沖

■タックルデータ ロッド:LUXXE Ocean ALMEA S61MH-F リール:ダイワ ’10ソルティガZ4500番 ライン:サンライン ディープワン3号(PE)     システムリーダーFC100 16号 ジグ:ブリス タチナロ 100g フック:がまかつ シングルフック64 近海ミディアム 5/0(タンデムで使用)

LUXXE STAFF

野口 景太朗

野口 景太朗Noguchi Keitaro

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

オフショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • NEW カラビナ付きランヤード(ワイヤーイン)

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー3.5kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー1kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW フィッシングメジャー120cm

    長物の魚や不意のメーター超えなども広くカバー!

  • NEW フォールディングPEカッター9.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW カッティングPEプライヤー11.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW スプリットリングプライヤー22cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!

  • NEW スプリットリングプライヤー18.5cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!