週末釣り倶楽部シーバス取材へ。

2010.07.08

スタッフ 

橋本 久弥(東北エリア LUXXE STAFF)
■時期 ・・・ 7月3日
■場所 ・・・ 某所
7月3日に週末釣り倶楽部のシーバス取材へ行ってきた。
当日は梅雨空で雨が降るか降らないか微妙な空。しかし、気温は高い。
水も若干の濁りがあり、朝一をはずしてもなんとかなるな~と思っていた。
ボートのキャプテンによれば、前日は数はないが良型が出たとの事。
この番組の監督の池田さんいわく、『取材の日の昨日と明日は釣れるんだよな~』と。
ボヤキが入り、少しプレッシャーを感じつつキャスト開始。
100703_hashimoto_01.jpg
自分もワンバイトあるまではこの日の情報が無いので真剣に探る。
しかし、案外結果はすぐに出た。
ある程度、水深があるポイントだったが、私はシャローミノーが好きなので、オライノ 彗星90ミノーでスタートし、
20分くらいで初バイト。
1発目からこの辺りのアベレージ以上の60オーバーをキャッチできた。
100707_hashimoto_02.jpg
リポーターの伊勢みずほさんも確実にキャッチして、いい感じの船中。
でも、広大なポイントな為、どこへキャストしても釣れる訳ではなく、バイトしてくる所はピンポイントに近い感じと気付いていた。
100703_hashimoto_04.jpg
この日最大のシーバス。
回りのボートが釣れていない中、上出来な魚。
100707_hashimoto_03.jpg
今回使用したルアーはオライノのミノー、フックはがまかつ TREBLE RB M #4
シンキングペンシルにはがまかつ TREBLE RB MH #4
ちなみにオライノは私の小学生からの知り合いがハンドメイドし、販売をしているバルサ製のプラグシリーズ。
昔ながらの基本の、味のあるルアーで、魚1本1本の価値が上がる。
100707_hashimoto_05.jpg
そして、1番活躍したロッドがLUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-R
ロングキャスト性能はもちろん、ティップがすんなりと入ってくれる為、早アワセをせずにキッチリとフッキング出来るのでバラしが極端に少なくなり、バイトを弾く事もない。
貴重なワンバイトを物にできるロッド。
バイブなどにはLUXXE Deck stage 斬鱸GT S70MH-RFを使用。
今回収録の週末釣り倶楽部は、東北6県では、8月7日、14日の2週での放送予定なので是非、ご覧下さい!
■場所:某所
■タックルデータ
ロッド:LUXXE Deck stage 斬鱸GT S75M-R
    LUXXE Deck stage 斬鱸GT S70MH-RF
ルアー:オライノ 彗星90ミノー
フック:ミノー がまかつ TREBLE RB M #4
    シンキングペンシル がまかつ TREBLE RB MH #4

LUXXE STAFF

橋本 久弥

橋本 久弥Hashimoto Hisaya

所属エリア :

東北エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

RELATED ITEM関連アイテム

  • NEW カラビナ付きランヤード(ワイヤーイン)

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー3.5kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー1kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW フィッシングメジャー120cm

    長物の魚や不意のメーター超えなども広くカバー!

  • NEW フォールディングPEカッター9.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW カッティングPEプライヤー11.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW スプリットリングプライヤー22cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!

  • NEW スプリットリングプライヤー18.5cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!