【スピニング鯛ラバのススメ】vol3 キャスティング実践編

2021.02.19

開発担当 

CATEGORY :

タイラバ

皆様こんにちは。

 

LUXXE桜幻開発担当 松島です。

 

写真の説明はありません。

 

前回はロッドの選定についてお話させていただきました。

今回はキャスティングを実践するにおいての注意点やキャスト時のコツについてお伝えさせていただきたいと思います。

 

 

 

【キャスティング鯛ラバにおける注意点】

キャスティングは慣れていないと危険です。キャスティングを禁止されている遊漁船もございますので、あらかじめご確認ください。ミスキャストでラインブレイクなら鯛ラバとラインの損失だけですが、ラインリリースがままならず、自分や同船の方にシンカーが戻ってくるようなリスクは避けなければなりません。
自信を持ってキャスティングが出来るようになるまでは、無理に遠投せず、近距離から徐々に距離を伸ばしていくようにしてください。基本は自分の正面に投げることです。両隣のアングラーに迷惑が掛かるようなキャストは控えてください。

 

 

【キャスティング鯛ラバ実践編】

鯛ラバのキャスティングは基本アンダーハンドキャストです。キャスト方法を段階的にご紹介致します。

 

1.ちょい投げ


最初はロッドティップギリギリまで鯛ラバを巻いて、ロッドの遠心力だけで優しくキャストしてください。遠心力だけでも20m前後はキャストできます。このとき意識することは自分の正面でロッドワークを完結させることです。肩幅の範囲内で、竿をさばくことです。アンダーハンドと言いながらもロッドティップは自分利き手側1mぐらい横を通過していることがよくあります。それよりもロッドの起動が斜めでキャストすると、隣の方のラインを引っかけたりしてしまいますので、自分の左右1mの範囲でキャスティングが完結するように注意してください。

 


2.垂らし付きちょい投げ


ラインのリリースタイミングがうまくいくようになれば、鯛ラバの垂らしを少しずつ長めにとって見てください。垂らしは20cmぐらいで遠心力も増してくるので、飛距離が伸びます。このときもバットをそれほどしならせず、遠心力だけで投げることを心がけてください。水面をひっかいてしまいそうなときはロッドを持つ手を少し上げてグリップエンドが顔の前あたりに来るぐらいです。

こちらの動画で実際にキャスティングを行っておりますので参考にしてみてください。

 

【LUXXE桜幻】梅雨の岡山・宇野沖に大型マダイを追う―

 

 

3.ループキャスト


次にロッドの反発力を生かすにはリーダーの長さを調整する必要があります。私はリーダーの長さを80-90cmにします。鯛ラバをトップガイドまで巻き込むとノットがバットガイドに来るような長さです。垂らしは30-40cmぐらいで、ノットがティップからベリーあたりに来るようにします。

写真の説明はありません。
そのままアンダーハンドで投げると鯛ラバが水面に接触しますので、少し斜め前からバックスイングに入り、遠心力を利用して、ロッドをしならせたアンダーハンドキャストとなります。
右利きの場合はひらがなの「し」を、左利きはアルファベットの「J」の字を自分の正面で逆になぞるようなティップと、鯛ラバの軌跡を描きます。
そして、しなったロッドがまっすぐになりかけた瞬間にラインリリースをします。
キャスト角度は斜め30-45度ぐらいの最高到達点が高いフライキャストです。このキャストのコツは2点有ります。

 

1点目は「目付」です。
自分が投げたい方向の斜め45度の空を見つめてそこに向かって投げることです。水平線あたりを見つめて投げると、ロッドの反発力を生かし切れずにラインをリリースしがちです。ライナーキャストになりやすく、着水時に鯛ラバがもつれてしまったり、リーダーのノットがしなったロッドを抜けていくときにカツカツッとガイドを擦っていきます。ノット部分が痛んだり、最悪エアーノットがガイドに引っかってラインブレイクするリスクが増えます。

 

2点目は「引き手」
私は右利きで、利き手の右手の人差し指にラインを引っかけ、左手でグリップエンドを握ります。この左手の引き手でロッドの角度をコントロールしながら、バットをしならせ、フィニッシュでピタッと止めます。右手はフィニッシュ寸前でラインをリリースタイミングに集中します。
逆にグリップエンドを余り動かさず、利き手で押し込むようなキャストでは、ロッドをしならせるのは力が要りますし、リリースのタイミングもばらつき、ミスキャストが増えます。一日中キャストしていると利き手が疲れてしまいます。リールが最も重いタックルなので、この部分をできる限り動かさない様にすることがコツです。

この2点をうまくいかすことが出来れば飛距離は伸びます。

 

 


遠くに投げればよく釣れる程単純では無いのですが、遠投が出来れば近投もできます。遠投でしか作り出せないシチュエーションもあります。

 

 

最後に、繰り返しになりますが、キャスティングで無理は禁物です。1日安定してキャスティングするには6割OKのつもりで投げてください。また、同船でバーチカルでアプローチしている方とのライントラブルは避けてください。ラインがクロスしそうなときは、すぐに回収しましょう。

 

写真の説明はありません。

 

次回vol4(近日配信予定)ではキャステング鯛ラバにおけるリトリーブのコツについてお話させていただきたいと思います。

RELATED ITEM関連アイテム

    ROD

  • NEW ラグゼ 桜幻 鯛ラバーR

          反響感度や荷重変化、視覚的変化など、水…

  • ラグゼ 桜幻 鯛ラバーS

    タイラバにおける基本性能を重視し、扱いやすさを追求したスタンダードモデル。フィー…

  • ラグゼ 桜幻 鯛ラバー X

    TOPのみSiCガイドを採用しています。     「TORA…

  • HOOK

  • NEW 桜幻 鯛ラバーQ TGシンカー

    シャロー攻略には欠かせないライトウエイト40gから、ディープ鯛ラバ対応の220g…

  • NEW 桜幻 シリコンネクタイ(厚切りマルチカーリー)

    従来比50%アップの厚みに加え、ワイドカットのショートカーリーと極細シリーズのシ…

  • NEW 桜幻 シリコンネクタイ シングルビッグカーリー

    ビッグカーリーの大周波とピンテールの微波動で強力かつ複雑なアピールを演出します。…

  • NEW 桜幻 シリコンネクタイ カスケイドカーリー

    すべてのテールが異なったデザインで、3連(Cascade)カーリー+極小ショート…

  • APPAREL

  • NEW HDフィッシュシザー20cm LE125

    ●全長70mm、厚さ3.8mmの極厚ブレードで大型魚のヒレや骨もラクラク切断可能…

  • NEW ラグゼ ロッドベルト LE124

  • NEW ラグゼ クーラーインケース サイズM LE316

    弁当や飲み物を入れておけば、同じクーラーに入っている魚の匂いや汚れから守ってくれ…

  • NEW ラグゼ クーラーインケース サイズS LE315

    弁当や飲み物を入れておけば、同じクーラーに入っている魚の匂いや汚れから守ってくれ…