落ち鮎シーバスラスト!!

2016.12.04

スタッフ 

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所
皆様、こんにちは。m(_ _)m
LUXXEスタッフ浜田恭です。(^^)
大山の頂きあたりが薄っすらと雪化粧をし始め、冷たい北西の風が吹くようになりました。(((^^;)
冬がすぐそこまで来てます…。
161205_hamada_01.jpg
そろそろ終わりを迎える落ち鮎パターンを今回も実践。
土手の上から河川を眺めると、あれだけ賑わっていたアングラーはどこに行ったのやら…。(笑)
タックルを用意して川岸に立ち、ジックリと状況を観察します。(これが重要です)
ボイル無し、鮎の姿無しです。( ̄▽ ̄;)
161205_hamada_02.jpg
良いサイズのシーバスが目の前の流れに入っているとしても、大きなルアーを何回も見せるとさすがに食ってくれなくなるので、ボリュームを抑えたリップレスミノーを選択。
狙うポイントも本命の場所を1投目から狙って、余計なプレッシャーを掛けないように心掛けます。
すると、流し始めてから3投目で突然のビッグバイトです!!!(焦)
流れに乗って、強烈な抵抗でLUXXE ソルテージ チータ RR 96MHがフルベンド…。(((^^;)
が、しかし、LUXXE ソルテージ チータ RR 96MHのパワーが完全に勝り、ナイスプロポーションを確実にランディングしました。
LUXXEブランクスは独自の「ASD(アクティブサスデザイン)」により、曲がりの支点移動によりしっかりと曲がり込むイメージです。
曲がり込んでくれる事でブランクスの反発量が増え、シーバスの引きを吸収しながら浮かしてくれます。
最近はスーパービッグが来ても余り焦らなくなりました。
安心感を持てるという事は不意な状況にも余裕をもって対応できるという事なので、ランディング率が上がります。
161205_hamada_03.jpg
この日はこの次のバイトがなく終了。(((^^;)
1本だけでしたが、全てが上手く重なってキャッチできた1本に満足できた釣行でした。
地元河川の落ち鮎シーバス釣行はこれでラストかな…今年も秋シーズンを堪能できました。
<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ソルテージ チータ RR 96MH
リール:3000HGM
ライン:PE1.2号
ライン:リーダー25lb
フック:Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) #4

LUXXE STAFF

浜田 恭

浜田 恭Hamada Kyo

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

オフショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • チータ アールスリー

    大人気、ショアバーサタイルロッドが劇的進化!