釣りが出来るだけでありがたい

2012.06.22

スタッフ 

■時期 ・・・ 6月10日 ■場所 ・・・ 宮城県 海

6月10日、宮城の海で震災後初のソルト大会が開催されました。 私自身も、震災後に宮城で陸っぱりをするのは初となります。 狙いはフラットフィッシュ。 お馴染みのエリアで釣りが出来るだけでもありがたい。 「釣りなんて・・・。」と言わず、「元のように楽しくやろうよ。」という地元の方々の前向きな気持ちが、「絶対参加しよう。」という気持ちにさせてくれました。 当日は、台風三号の影響が残って少々荒れ模様。風あり雨あり。 プラをしてる方の前評判では底荒れもしてかなり釣れないとのこと。 以前の経験からエリアを選び、震災前に良いイメージのあった浜に直行しました。 手堅いエリアという訳ではなく、釣れれば型が良いというエリアです。 波が高く、少し波を被る時もありましたが、ロングキャストで探ると思っていたより 反応は良く、7時のスタート後、2時間程で3本のリミットメイクを達成しました。 しかし、かなり小さいコチが入ってたので、入れ替えが必要です。 少しバイトが遠のいた後、10時頃に時合いが来ました。入れ替えのコチをキャッチした後に、3投連続のヒット。 小さいですがヒラメも入りました。 残念だったのは、60cm近いキッカーのコチを荒波がテトラの下に持っていきラインブレイク。 これには膝から崩れました。 その後は入れ替えならずに帰着となり、ご覧の結果となりました。

今回はスタートが満潮の潮止まりから下げのタイミングでしたので、近い所の魚を狙いフラットヘッド25、10gをキャストしましたが、手前は海藻が多すぎた為に、すぐ にダウンショット(捨て重り式)に変更して中距離~近距離を攻めることにしました。 比較的遠いポイントの10m四方辺りでバイトが集中したので、シンカーを重くして遠距離を狙いました。

使用したタックル、リグは以下の通りです。

ロッドはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M“TECHNICAL”MASTER。 リールはダイワ3000番、東レ、シーバスPE18lb.にFGノットでフロロリーダー14lb.、その先に写真の三又サルカンにスナップをセット。 直接がまかつ エリートツアラー ワーム34R 1/0をセットし、シンカーまでのリーダーは12lb.をセット。 シンカーの交換、フックサイズの変更を素早くする為にスナップを使用しています。 シンカーは1oz以上を使うので、キャストの際に、勢いでワームがずれてしまうので、必ずシリコンストッパーをセットします。 シリコンストッパーを使用しないと、逆に釣りになりません。 魚の写真がないのは今、気付きました。 失礼しました。

120614_hashimoto_01.jpg

■場所:宮城県 海

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M“TECHNICAL”MASTER リール:ダイワ3000番 ライン:PE18lb. リーダー:フロロ14lb. フック:がまかつ エリートツアラー ワーム34R 1/0

LUXXE STAFF

橋本 久弥

橋本 久弥Hashimoto Hisaya

所属エリア :

東北エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。