干潟を満喫

2011.12.12

スタッフ 

■時期 ・・・ 11月下旬 ■場所 ・・・ 千葉県 木更津 干潟

ものすごく寒かったり、いきなり暖かかったり、なんだかよくわからない天気が続いています。 体調を崩している方も多いのではないでしょうか?

気候変動が激しいながらも、ようやく東京湾も水温が徐々にですが下がり始め、ベストな状況がそろってきました。今回はそんな中の干潟釣行をレポートします。

広大なシャローフラットが続く干潟でもっとも大事なのが水の流れ。 流れが当たる地形変化をどう攻略するかがキモです。 タックルはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML“HIGATA”MASTER ”干潟”ですから間違いありません(笑)。 取り回しのよさ、ルアーのキャパシティの高さ、ランディングのしやすさ。干潟のゲームにおいて、応えてくれるロッドです。

下げ潮六分程度からキャストを開始。 まずはあまり深く入らずに、ドシャローに点在する藻の周辺を探りました。 水の流れがあるところだけをアプローチし、シャローミノーのトレースコースを変えながら様子を伺います。 幸先良く釣友が小型のシーバスをキャッチしましたが、それ以降はノーバイト。このポイントに見切りをつけて先にあるブレイクラインを狙ってみることにしました。

この日は大潮であったこともあり、ブレイクラインから沖側は川のような強い流れが発生。 まずはシャローミノーで表層付近を探りましたが、ノーバイト。 そこで1m以下のレンジを探るためにバイブレーションをキャスト。流れに対してサイドクロスにキャストしてトレースしてみますが、バイトなし。

次にダウンクロスにキャストしてトレースしてみると、ブレイク付近で待望のバイト。 いつ見てもLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML“HIGATA”MASTERのベンドカーブはきれいです。 シーバスの暴れ、走りはアクティブサスにまかせて、私が唯一心がけるのはラインテンションを一定に保ったままリールを巻くだけ。あっという間にネットインです。

111207_namekata_01.jpg

この日の状況を知る上で、大事な1匹を丁寧にリリースした後、猛チャージ。 ヒットパターンと同じようにルアーをトレースすると連発モード突入。 65~70cmぐらいのシーバスが次々とバイト。 釣友もパターンをつかむと連発モード突入。

111207_namekata_02.jpg

干潮で流れが止まるまで、干潟を満喫しました。

111207_namekata_03.jpg

東京湾のシーズナルパターンは多少遅れている感じがありますが、着々と進行中です。 シーズン的なズレを修正していくのもシーバスフィッシングの楽しさであり、ゲーム性の高さを感じます。

111207_namekata_04.jpg

■場所:千葉県 木更津 干潟

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML“HIGATA”MASTER リール:シマノ ステラ3000HG ライン:PE1号 リーダー:フロロカーボン 3.5号 ルアー: キックビート、サルベージ70S、アベンジャー、      エリア10、リップルポッパーなど フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #5,6 がまかつ トレブルRB ミディアム#8,#7,#6

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。