狙いは対岸

2011.11.22

スタッフ 

■時期 ・・・ 11月初旬 ■場所 ・・・ 千葉県 河川

11月から河川のナイトゲームにちょくちょく行っています。 デイゲームに比べ視野が狭いので忘れがちですが、やはり大事なのはピンポイントを狙うこと。 地形変化だったり、流れに変化があるところだったり、明暗などポイントにあったアプローチが重要です。

ここ数年シーバスフィッシングの人気によって攻め方が様々になり、それに比例してシーバスに対するプレッシャーも増加し、何を投げても反応する日もありますが、多くは渋い日です。 このような日にどのような「ピン」に狙いをつけるか・・・。

私の最近のお気に入りは「対岸のブレイク」。 比較的立ち位置の目の前にあるブレイクラインは誰でも丁寧に攻めていますが、対岸のブレイクにおいては意外と見落としがちに思います。 人によっては飛距離的な違いもありますし、ついつい狙いやすいおいしいところばかり目にいってしまう事が多いのです。

11月初旬の夜、河川へ釣行し雨と風が強く、釣りにならなそうだったので、一時車で休憩。 潮が下げになったタイミングで雨がやみ、風も落ち着いてきたのでキャストを開始しました。 まずはミノーから・・・と考えそうですが、スナップにつけたのはバイブレーション。 対岸のブレイクについていそうなシーバスから狙っていきました。 このとき多用するのはリフト&フォール。 川全体の水深が浅く、また対岸のブレイクを狙うため、飛距離が稼げてポイントをなめるように釣るには最適です。 バイブレーションをフルキャストして、川の流れにドリフト気味にリフト・フォールを繰り返します。 ルアー回収時に川底の藻がフックにからむことが多かったので、もう少し流れの抵抗を受けさせてルアーがすぐには沈まないように少しダウンストリーム気味にキャストし、2~3回リフト・フォールを繰り返した直後、ガツ、ガツというようなバイト。 LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML“HIGATA”MASTERのきれいな曲がりの中に秘めたスムーズなフッキング・ランディングで一気に御用。 ルアー丸呑み♪ サイズ的には多少不満がありましたが、短時間で狙い通りに引き出した1本はうれしいですね。

111119_namekata_01.jpg

この後もいろいろ攻めてみましたがバイトはなく。 雨風が止むのを待ちすぎたせいで 、バイトは無く、雨風がやむのをを待ちすぎたせいで朝になってしまいました(汗) 朝マズメも通して狙いたかったのですが、予定があったためタイムアップ。 またよい狙い方を見つけたらレポートしたいと思います。

111119_namekata_02.jpg

■場所:千葉県 某河川

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML“HIGATA”MASTER リール:ISO Z2500LBD ライン:PE0.8号 リーダー:フロロカーボン 4号 ルアー:キックビート(LONGIN)など フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #6,#5

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。