シーバスのウェイトがどんどんのってくる

2011.10.27

スタッフ 

■時期 ・・・ 10月2日 ■場所 ・・・ 広島県 本川

秋らしくなり朝晩は寒さを感じるようになって来ました。 これから10月終盤になると、コノシロ付きのコンディションの良いシーバスが狙えるようになるので、状況を確認しに行ってみました。

111024_nishiyama_04.jpg

10月末から河川でメインに使用するLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTER選択しました。

これからウェイトものって来るのと橋脚を絡めて狙う為、強引にファイト出来、シーバスに主導権を持たせないLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERは、心強く、頼りになるロッドです。

111024_nishiyama_03.jpg

先ずはベイトの様子を確認する為、何箇所かチェックし、ウェーディング出来るまでしばらく時間があったので陸から狙ってみる事にしました。 開始直後から連続ヒットしますが、可愛いサイズばかりだったので立ち位置を変え、通すコースを変えてみると、少しサイズアップ! その後は反応が無くなったのと、ウェーディング出来るタイミングが近づいたので場所を移動し、橋脚の明暗を狙ってみました。

緊張する1投目! 明暗を通すと、ティップに重みが伝わります。 フッキングを決めると、難なくランディング。 直ぐに寄って来たので小さいのかなと思いましたが、ランディングして見るとまずまずのサイズでビックリ!

111024_nishiyama_02.jpg

しかし、コンディションが悪いので直ぐにリリース。

その直後にもヒットしたものの、ランディング寸前でフックアウトしてしまい、自分の詰めの甘さを痛感してしまいました。 しばらく反応がなくなったので、立ち位置を前に取り、橋脚の側面をルアーが通るようにドリフトさせてみます。 すると、ラインに違和感を感じたので合わせてみるとロッドに重みが伝わって来ます。

フッキングを決めると、シーバスの頭を強引に自分の方へ向け橋脚から離しにかかります。 流れがある中でもシーバスに主導権を持たせないまま無事にランディング。

本当にこれからの時期にはこのLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERは、頼りになるなと思う釣行となりました。

これから10月終盤以降、シーバスのウェイトがどんどんのって来るので楽しみで、今年1番の魚を釣りたいと思います。

111024_nishiyama_01.jpg

■場所:広島県 本川

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTER リール:シマノ ステラ4000XG ライン:デュエル Xワイヤー1.5号 ルアー:デュエル ハードコア リップレスミノー120F     ハードコアミノー120Fパワー フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #3,#5 スナップ:がまかつ 音速パワースナップ M

LUXXE STAFF

西山 宜之

西山 宜之Nshiyama Noriyuki

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。