色々な発見があります。

2011.07.20

スタッフ 

■時期 ・・・ 7月初旬 ■場所 ・・・ 千葉県 河口

釣りをある程度されている方なら、確信的なタイミングというのを持っているのでないでしょうか。 この季節のこの条件とか、この潮位でこのポイントなどなど、その場その時その状況で絶対的な自信があるパターンというものがあると思います。 他人からみればまったく釣れそうにない状況でも、バイトがあることを悟っているかのように無心にキープキャスティングできる時間帯。 みなさんは持っていますか?

梅雨明けする前にと向かった先は河口部。 釣行日の前にまとまった雨が少ない様子でしたが、流れてくる濁った水の色をみて一安心。 川の流れがあたるポイントからキャスティングを開始すると、幸先良く同行者が次々とヒット。 私には・・・アタリのみ(泣) 何か歯車があわないまま時間が過ぎて、マズメタイム終了。

少し歩いてポイント移動し、今度は沈みテトラや船道のかけ上がりがある場所を狙ってみました。 根がかりに気をつけながら早めのリトリーブでバイブレーションを通してくると、ドンッとバイト。 予想に反してかなり良いサイズなのか引きが強く楽しませてくれます。 使用しているロッドはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 98M“DAYGAME”MASTER

心配なく足元までシーバスを誘導・・・・ したところまでは良かったんですが、自分の目の前に積まれていたテトラのカキガラにルアーのフックが引っかかり・・・ 残念・・・(いいサイズだったのに) その後、キャストしつくしましたが数回の小さいアタリのみ。 ポイントを変えてキャストしてもアタリのみ。 「今日はダメかも・・・」

そろそろ打つ手なしに近づいたとき、一つの強いひらめきが浮かんできました。 日中の干潮間際のタイミング。私はかなりいい思いをしています。 ポイントや状況によりますが、かなり自信を持っているタイミングのひとつです。 そんな思いを持ちながら、ポイントを移動。流れの緩急が一番大きく出ているところでキャスト開始。 ポイントを少しずつずらしながら狙っていくと、バイト。 フッキングが浅かったためか瞬時にバレてしまいましたが、驚いたシーバスが大きくエラ洗い。

「頭デカーーー!」 ほぼ間違いなくランカークラス。 ここで私の中のスイッチ・オン。 まもなくドンと重いアタリをLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 98M“DAYGAME”MASTERのティップがとらえ、フッキング。 迷いがなくなれば心配無用。バラシなんて考えはありません(笑) ただただ楽しくやり取りしてランディング。

110716_nametake_01.jpg

ランカーサイズではありませんでしたが、良く肥えてます♪ この後は同行者ともに一時バイトラッシュ。楽しすぎです。 そして最高のフィナーレが待っていました。 少し歩いてポイントをずらしてキャスト。 水面直下まで浮いてきたバイブレーションにランカーシーバスが豪快にバイト&ターン!!! デイゲームならではですね。たまりません。 ずぶといトルクでぐいぐいと走られましたが、アクティブサスにパワーを吸い取られたようで、足元によったときにはギブアップ。おとなしくネットインしてくれました。

110716_nametake_02.jpg

堂々の84cm。 納得で納竿しました。

■場所:千葉県 河口

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 98M“DAYGAME”MASTER リール:シマノ ステラ3000HG ライン:PE 1号 リーダー:フロロカーボン4号 ルアー:B-Frap、(スカジットデザインズ)、マービー(エバーグリーン)     PB-30、IP-24(コアマン)など フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #5,#6 がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #8

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。