早春調査

2011.03.03

スタッフ 

■時期 ・・・ 2月上旬 ■場所 ・・・ 千葉県 東京湾奥 河川   今シーズン、ほとんどの釣りを房総の南方面で過ごしていますが、そろそろこの時期は産卵期後のシーバスが回遊してきます。 とりあえず状況を把握するために、東京湾奥に釣行してみました。

タックルはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 86L“WANGAN” MASTERをセレクト。 何よりこの釣りは足場の良いところから、軽装備で手軽にできるのがいいです。 空いた時間にちょこっとキャスティングというのが本日のスタイル。

namekata11_4.jpg

夕マズメ、シャローフラットの護岸エリアからスタート。 ルアーは最近お気に入りのメタルバイブレーションで広範囲にトレース。 しばらくすると、コンッ!と小さいアタリがありましたが乗りません。 ルアーをローテーションしてみますが反応は無く、再びメタルバイブレーションにもどしてリフト&フォールで狙ってみることに。

すると、フォール中にドンと気持ちいいバイト! そしてサイズが小さいので、あっという間にランディング。 とりあえず気軽な調査としては上々です。

その後、リフト&フォールを繰り返してはポツポツとバイトを拾って、計3本キャッチしたところでタイムアップ。 サイズが伸びなかったのがちょっと残念。。

namekata11_2.jpg

後日、今度は河川のデイゲームに。 この河川は今の時期バチが抜けることで食物連鎖のピラミッドができます。 もちろんピラミッドの頂点!シーバスです。

タックルは、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 86L“WANGAN” MASTERに、がまかつ トレブルRB ミディアムのセット。 ウェーディングにはこれですね。

namekata11_1.jpg

水面を確認するとポツポツとバチを発見。 あとはシーバスの顔を拝めばパターンどおりということになるんですが・・・アタリがありません(汗) 干潮までの3時間あれやこれや試しましたが、ノーバイト。 しかし、タイムアップも迫った最後の最後にバイブレーションの高速リトリーブにヒット。 ドラマ的にはナイスサイズがといきたいところですが、小さいシーバス。 サイズは次回ということで。

namekata11_3.jpg

■場所:千葉県 東京湾奥 河川

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 86L“WANGAN” MASTER リール:ダイワ イグジスト2508      ダイワ トーナメントISOZ2500LBD ライン:PE 14lb. リーダー:フロロカーボン 3号 スナップ:音速スナップ M ルアー:ヘビーワン、B-Frap、IBミノー(スカジットデザインズ)     シリテンバイブ(マドネス)、IP-24、CZ-30(コアマン)など フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #8、#6、#5

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。