三度目の正直

2010.11.20

スタッフ 

■時期 ・・・ 10月下旬 ■場所 ・・・ 千葉県 内房干潟   今回も干潟に釣行。 この日は台風が関東地方に迫っていることもあり、だんだんと雨風が強くなる予報でした。 これから天候が崩れるという条件にわくわくするアングラーも多いと思います(笑) 私も躍る心を落ち着かせながらキャストを開始しました。

namekata4_1.jpg

今回使用したロッドは「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER」を選択。 干潟ゲームに最適なレングスと扱いやすいパワーは高い集中力を長時間維持するのにもってこいです。 また、ロッドのベンドをフルに利用してキャスティングすることが好きな私にとっては 最高に気持ちいいロッドです。 フックは相性抜群の「がまかつ トレブルRB ミディアム」をセット。

まずは潮の流れを様子見ながら変化のありそうなポイントをチェックしていきます。 ブレイクライン、アマモ、流れのよれ・・・ 今日はどこに投げようか困ってしまうほどポイントとなるエリアがそこらじゅうにできています。 今日シーバスはどこについているのかな? なんて考えているとアマモの上を通過している感触があるところで押さえ込まれるようなバイト。 すかさずあわせるとシーバス特有の感触が伝わってきました。

無事にランディングかと思ったのですが、ここで事件発生。 フィッシュグリップでシーバスをつかんだ瞬間、ルアーも一緒につかんでしまい、 しっかりとシーバスをホールドできずにオートリリース。 結果的には今日の最大サイズを逃してしまいました。 そこでまだいるだろうと信じて再びキャスト。

すると同じようなポイントで再びバイト。

オートマチックに「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER」のティップが吸い込まれ、 シーバスがヒット。

namekata4_4.jpg

しかし、一度あるときは二度あるとはこのこと。 またもやランディング失敗で逃げられてしまいました・・・。 (次回からはきちんとランディングネットを持っていきます)

悔しい思いはさっさと捨ててキャスト再開。 まもなく、バイトがありフッキング。 サイズは大きくないもののようやく三度目の正直でランディング成功しました。

namekata4_3.jpg

ほっとしたところで、再びキャストをすると面白いように連続ヒット。 サイズは伸びませんでしたが、ここまでアタリが多いと楽しいです。 雨風が強くなってきているのを完全に忘れています。

この後も潮止まりまでキャストコースを変えたり、 ポイントを変えたりするとヒットが続き、同行者ともにウハ♪ウハ♪

namekata4_2.jpg

楽しい干潟ゲームになりました。

■場所:千葉県 内房干潟

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER リール:シマノ ステラ3000HG ライン:16lb. リーダー:フロロ 3.5号 スナップ:がまかつ 音速パワースナップ M ルアー:マリア フェイクベイツ110      エバーグリーン アベンジャー90S      スカジットデザインズ スライドベイト、エリア10等 フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #8 #6 #5

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。