梅雨のシーバス

2010.07.04

スタッフ 

行方 昌人(関東エリア LUXXE STAFF)
■時期 ・・・ 6月27日
■場所 ・・・ 利根川
本格的な梅雨に入り、連日雨模様です。
こんな陽気では、なるべくならエアコンのきいた部屋から出たくない季節ですね。
とはいえ、魚にとってそんなことは無縁です。
傘マークが連なる週末の天気予報を横目に、利根川へ釣行をしてきました。
利根川は、梅雨時の雨によって川の状況がめまぐるしく変化します。
川の状況判断が釣果に大きく左右します。
今回、私がポイントとして選んだのは河口エリア。
何ヶ所かベイトを確認して回り、川の流れや潮位、水色等を考慮しながらポイントを選択しました。
まずは、川の流れにできたヨレを中心にキャストを開始します。
バイブレーションとミノーをローテーションしていきますが、ベイトが当たっている感触しかありません。
時間が経つにつれて引き潮が緩みだし、これでもかというほど流れのヨレがでるようになりました。
このタイミングでついに待望の時合到来。アタリ連発です。
ルアーがヨレから出たイメージのところでLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERのティップが入り、フック・オン。
トルクのある川の流れも加わって、シーバスの引きが最高!よく走ります!!
シーバスの引きを楽しみながら、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERのバットでシーバスの体力を奪い、ランディング。
まずは一本目。グッドコンディションのシーバスです。
100630namekata02.jpg
同じ方法でキャストを繰り返し、一時間ほどで計4本キャッチ。
アタリが遠退いた頃には、流れのヨレがなくなっていました。
今回使用したフックは、お気に入りのがまかつ TREBLE RB Mです。
キャッチしたシーバスには上唇の固い部分にフックが刺さっていました。
がまかつ TREBLE RB Mは、このようなフックが刺さりづらい部分でも確実に貫通し、バラシをなくしてくれます。
みなさんもバラシが多いような状況がありましたら是非使ってみてください。
キャッチ率は確実に上がります。
100630namekata01.jpg
■場所:利根川
■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER
リール:シマノ ステラ 3000HG
ライン:バークレー ファイヤーライン 18lb.
リーダー:フロロ 3.5号
ルアー:スカジットデザインズ B-frap
     スカジットデザインズ I.B.ミノー
     スカジットデザインズ テリージャーク等
フック:がまかつ TREBLE RB M #4, #5

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。