房総シーバスデイゲーム

2010.05.12

スタッフ 

行方 昌人(関東エリア LUXXE STAFF)
■時期 ・・・ 4月29日
■場所 ・・・ 千葉県 内房周辺
4月下旬、ようやく春らしい陽気が続くようになってきました。
今回は私のホームグラウンドである東京湾のシーバス釣行をレポートします。
この時期の釣行プランで、私が気にするのは季節風です。
春を運んでくる風は、水温・ベイトの動きなどに大きな影響を与えます。
よって季節風による海中の変化に伴ってシーバスの動きも左右されることが予想できます。
この日は、午前中から南向きの風が強く吹く予報でした。
波の高さや風向きを考慮しながら磯に立ってみると、風の影響で接岸したと思われる12~13cmのカタクチイワシが波打ち際で多く確認できました。
間違いなくこのカタクチイワシにシーバスがついていると判断。
まずは、シャローミノ―での1投目!いきなり水面にヒレを出すほどの強烈なバイト!!
しかし、フック・オンには至りませんでした。
数投連続して投げても反応がなかったので、ルアーレンジを下げバイブレーションに変更しました。
すると、バイブレーションでの数投目、金属的なアタリとともにLUXXE Saltage REFLEX 90M-HIGATA MASTERがスムーズに弧を描き、ファイト開始!
掛けたシーバスは、なかなかのサイズ。
しかし、LUXXE Saltage REFLEX 90M-HIGATA MASTERはロッドを立てためるだけで、シーバスが勝手に浮いてきてしまいます。
アクティブサス恐るべし!!!
激しい走り、エラあらいに素早く対応するブランクがシーバスに主導権を全く与えないまま、
スムーズにランディングへと導いてくれました。
シーバスの口の中はカタクチイワシでいっぱいで夏に向けて荒食い真最中といった感じです。
元気なシーバスでした。
yukue_100509_002.jpg
その後、同行者にもバイトがあるものの、バラシが多い様子。
そのような中で、再び私にバイト!
そしてキャッチ。
このとき私が使用したフックはがまかつ TREBLE RB MH
軸の細さと針先のシャープさで貫通力が抜群に良く、キャッチ率は飛躍的に上がります。
夕マズメにさしかかる短い時間でしたが、思い通りの展開に満足出来た釣行でした。
yukue_100509_001.jpg
■場所:千葉県 内房周辺
■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX 90M-HIGATA MASTER
リール:シマノ ステラ3000HG
ライン:ファイヤーライン 18 lb
リーダー:フロロカーボン 3.5号
ルアー:スカジットデザインズ ハイドシャロー、B-Frap
フック:がまかつ TREBLE RB MH #5、#6

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。