高潮の後

2009.12.12

スタッフ 

宮崎 崇(関西エリア LUXXE STAFF)
■時期 ・・・ 12月10日
■場所 ・・・ 京都府 丹後半島東 小規模河川河口
091212miyazaki01.jpg
12月に入ってからは潮の高い日が続きました。
個人的には、潮が高い時は恵まれないケースが多く、ここ最近も例に漏れず貧果続きでした。
当たり前のことですが、高潮のときは潮位が通常時よりはるかに高いわけで、
当然ベイトの付き位置も通常時とは全く異なります。
さらに非常に速い潮が多い事も重なり、一時的にベイトの付き場と回遊活動の様子がガラリと変わってしまうように感じています。
そうなると一番肝心なベイトの付き場をイメージできず…
イメージできない
  ↓
  混乱
  ↓
  迷走
  ↓
  貧果
という負のスパイラルに陥る図式だと、自分では感じています(笑)
しかし高潮とは逆に潮位が戻ってくると、最もベイトが付きやすい位置に真っ先にベイトが戻ってくるとも感じています。
ということは、ある意味リセットでもあるので、狙い場所を絞りやすいとも言えます。
今日はようやく潮位が戻り呪縛が解けたようなので、前日に小規模河川の河口で80ジャストが釣れたのですが、1回だけでは良質なベイトが戻ってきたお陰の釣果なのか分からないので、今回はその確認作業をすべく再度釣行へ。
足の速いベイトだと全く続かないのですが、足の遅いベイトだとある程度、同じようなパターンで釣れていくのでその確認作業が目的です。
091212miyazaki02.jpg
前日の釣行ではサーチ用にLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH SHOOTING MASTERを使用していたのですが、今回はもう少しソフトに攻めて確認していきたいのでLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 93M VERSATILEをチョイスしてエントリーしました。
今回エントリーした小規模河川河口のような場所では、変化が乏しいので広く探っていくのが普通ですが、前日の釣行である程度、目星が付いていたのでその必要がなく最初から「良さそう」な場所を打っていきます。
結果は驚くほどアッサリ出ました。
開始早々に、前日と同じ場所で、同じパターンでヒットです。
091212miyazaki03.jpg
LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 93M VERSATILEの優れたバランスにより
全くモタつくことなくランディングしたのは余裕の80up。
すぐさまキャストを再開して、よりソフトに探ると立て続けにヒット。
サイズはダウンしたものの、期待したとおりの釣果に恵まれました。
どうやら同じパターンであともう少し楽しめそうでしたが、目的は完了したので、また違う場所をサーチしに行きたいと思います。
■場所:京都府 丹後半島東 小規模河川河口
■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 93M VERSATILE
リール:シマノ ’07ステラ 4000S
ライン:アバニ ライトジギングマックスパワー 15lb.
リーダー:グランドマックスFX 6号
ルアー:ZETTAI
フック:がまかつ TR-21 #2

LUXXE STAFF

宮崎 崇

宮崎 崇Miyazaki Takashi

所属エリア :

関西エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • TR-24(シングル)

    大型トラウトをターゲットに開発された強靭なスイミングフック

  • TR-22(ダブル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-22(シングル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-21(ダブル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-21(シングル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-26(ダブル)

    スイミングフックの新たな領域へ。

  • TR-26(シングル)

    スイミングフックの新たな領域へ

  • TR-25(ダブル)

    スイミングフックを新たな領域へ。