TAIRUBBER

# タイラバ

最先端のタイラバシーンをリードする桜幻NEWアイテム タイラバマスター・主原 剛が明かす
戦闘力が進化した「桜幻」のリアルメソッド

画像1

タイラバは手軽に入門できるが、わずかな戦術の差異が、大きく釣果に反映される奥が深いゲームだ。互換が可能なヘッドやネクタイ、フックで構成されるルアーだけに、その組み合わせは無限。ともすればベテランでも迷路にハマり苦汁をなめることもある。ここでは、そんな悩みに応える主原剛のリアルメソッドを公開しよう。

PROFILE
主原 剛

解説:主原 剛

「桜幻」ブランドの強力なラインナップを駆使する理論派のタイラバマスター。時には水中カメラを沈めることもある。スレたマダイを狙う瀬戸内海から、一発大物を狙う外洋のゲームまで幅広くカバーするラグゼプロスタッフ
画像2
いま釣るために「何をなすべきか」

つねに密度の濃いタイラバゲームを展開してきた主原剛。激戦区の紀淡海峡を中心に、日本各地のタイラバゲームで、釣るためのメソッドをつねにブラッシュアップしてきた。2021年、そんな営為から生まれた新戦力は、最先端のタイラバシーンをリードするに違いない。

「いま、タイラバゲームは波動のセレクトが最大のテーマ」
主原が語る桜幻シリコンネクタイの新戦力

時代はフィネスからアピールへ
「厚切り」が証明した真実

ここ数年、タイラバのトレンドは間違いなく「フィネス」だった。激戦区ではとくに、ラバーレスになり、細く薄いネクタイやより小さなフックを使うことがいまやセオリーとなった感もある。もちろん、これは間違いではないが、それだけではないと主原はいう。
「細く薄いネクタイというのは、波動が小さいから小型のタイでも恐れずに食ってくる。これは高仕掛けの“餌板”(タイサビキ)と同じ原理です。だけどタイラバでやる限りは、やっぱりサイズを上げたい。それには、波動が重要な要素。それで昨年は、“厚切りマルチカーリー”で徹底的に釣り込んでみたんですよ。結論からいえば、これは正解でした(笑)」。
ヘッドにつけてネクタイを泳がせてみると、長く薄いネクタイは、水流に乗ってヒラヒラとよく泳ぎいかにも釣れそうだ。一方で、主原が考案した「厚切り」のネクタイはどうか。
「少なくとも薄いものとは印象の異なる動きです。これが魚の目にどう映るのか。1年間、ほかのネクタイを封印してこれを使ってみると、こっちのほうがサイズも上がってアタリの数も薄いネクタイに比べて負けるわけじゃない。ようはかき混ぜる水の量、つまり波動が違うんでしょうね」。
じつは、フィネス化の一方で、各地のタイラバマスターの間では、すでに波動=アピールの重要性がささやかれており、特に外洋(日本全国を俯瞰するとこれがポイントの多数派)では、魚を呼ぶことが大きなテーマになっていた。昨年リリースされた『厚切りマルチカーリー』はそのトレンドに答えた提案だったのである。
「波動の使い分けは、これからますます重要になってくるでしょうね。2021年の新作はそれを意識したものです。それに、薄くて長すぎるネクタイは、スローではいいけど速度が上がるほどに、直線的になって波動が小さくなってしまいます。新作のミディアムカーリーやシングルビッグカーリーは、厚みもあってバルキーだから、まずその心配はありませんよ」ともいう。
現在、主原は1本~2本のネクタイをユニット装着し、波動とカラーのローテを行い、激戦区の瀬戸内海はもとより日本海のディープタイラバでも高い実績を上げているのだ。

画像3
波動で食わせたイワシ付きのマダイ

新作の『シングルビッグカーリー』の2本付けで引き出したイワシ付きのマダイ。波動のアップがこの日のキーワードだった

画像4
内湾のポイントでは1本付けから

瀬戸内海沿岸などのプレッシャーの高い内湾の釣り場では、1本付けからパターンを探り始めるのが主原のセオリー。愛用しているのは、2本付けにも対応する『桜幻タイラバ用カスタムスイベルSSH』だ

2020 LUXXE/桜幻シリコンネクタイの新戦力

画像5

シングルビッグカーリー

波動のピッチを下げ強く水を撹拌する大きなカーリーテールと低速から動き出すピンテールをコラボ。フォールを追尾するタイを見切らせず強く魚を呼ぶ新作

画像6

マルチミディアムカーリー

「厚切りマルチカーリー」のミディアムバージョン。長さを抑えた2種類のカーリータイプが、安定したアピールと食わせを実現してくれる期待の新作だ

画像7

カスケードカーリー

カスケード=滝のごとく3重にカットされたカーリーテールが唯一無二の波動を発生。超激戦区の明石海峡で生まれた注目のニュータイプである

画像8

ファットテール

「パタパタ」と動くカーブドピンテールが発生する独特の微波動は、ユムシやゴカイを狙うボトムのマダイに効果的。段差も自由に設定できる注目のモデルだ

異次元の高剛性タイラバフック
『桜幻カスタムフックパワープレイ』誕生!

ルアーフックで初採用の新素材
『G-HARD V2』の恩恵

「ともかく笑ってしまうぐらい、強くて耐久性があるんですよ。このフックは」。
主原が、ここまで手放しに絶賛するのが、『桜幻カスタムフックパワープレイ』である。
「フックのポイントが鈍りやすい砂地でのタッチ&ゴーを繰り返してもポイントが劣化しにくい。タイラバでの通常の使用なら、まず交換する必要はないぐらいですよ。大ダイに噛み潰されるケースもいまのところないし、フトコロの強度が上がっているから、ブリが掛かってもファイトに安心感があります」という。
この秘密はフックの素材にあり。究極の硬度と強さを持つ『G-HARD V2』をルアーのフックに初めて採用したもので、超高硬度素材のスーパーハイス鋼により、フックポイントの耐摩耗性は5倍、フトコロの強度は最大で40%もアップ。これによって、まさに異次元の高剛性をタイラバフックのサイズで実現してしまった。
形状は、主原が主力としてきた「サーベルポイントフッキングマスター」によく似ているが、開発コンセプトはよりアグレッシブ。同じロングテーパーのストレートポイントでありながら1番手太い線径のため、フックポイントのポジションはチモトの方向により長くなった。これにより、「エントリーアングル(ポイントがフッキング時に刺さる角度とその広さ)」は10%大きくなった。いわゆる「先出し形状」のフックである(図1参照)。
一般的には、「エントリーアングル」が広くくなるとターゲットへのコンタクトが早くなる反面、フッキングパワーが伝わりにくくなり、フッキングの際にはフックが開こうとする力がパワーロスとなる。しかし、その瞬間に比類なき高剛性を誇る『G-HARD V2』が、フトコロのタワミを排除してくれる。パワーロスが解消されたことで、パワフルな貫通力を実現してくれたのだ。

画像9

わずかな違いに見えるが、『G-HARD V2桜幻カスタムフックパワープレイ』は、「エントリーアングル」が拡大し、フックポイントがさらにロングテーパーになることで、コンタクト可能なゾーンが10%拡大。線径、焼き入れ(硬度設定)など数十種類の試作を繰り返して行き着いたのがこの形状なのだ。
このフックがさらに活きるのは、主原が提起する「掛けにいく巻きアワセ」だ。
「コンコンと来るアタリは、ネクタイを突っついているじゃなくて、浅く掛かったフックを嫌がって頭を振っている状態だから、止める、ロッドを送り込むという作業でタイを反転させてから、しっかりロッドを立てて巻きながらアワセてください。そのために僕は強めのドラグ(水深やタイラバの重さにあわせて800g~1㎏)で釣っています。緩すぎるドラグがデメリットになるケースもあって、僕や一部のタイラバ師は、アワせないタイラバからアワセるタイラバスタイルに変更しつつあります。せっかく強く鋭いフックができたのだから、それを活かすスタイルを追求した結果ですね」という。
2020年主原は、丹後では10㎏のブリ、夏のTVロケでは87㎝の大ダイを仕留めている。世界最強といっても過言ではないフックの完成で、そんなゲームの間口が大きく広がってきたのである。

画像10
外洋&ディープの大ダイには「パワープレイ」

強度と高度、形状のリファインで貫通力が劇的に向上しているから、もう大ダイにフックを噛み潰されない。超大型を狙う外洋やディープのタイラバでは、「パワープレイ」は必携。写真は主原がTVロケで仕留めた87cm

画像11
ハイドラグで自ら掛けて獲る!

打撃性の「前アタリ」が出たらロッドを送り込んで反転させる巻きアワセで掛けるのが主原のスタイル。フックをしっかり貫通させているからこそ、キャッチ率は非常に高いのだ

画像12
画像13
こちらの新作もお忘れなく!

『桜幻カスタムチューンフックセット』シリーズに追加された「刺掛け」は、LのメインフックにSのサポートフックが2本。口周りに絡みつくように掛かかりマダイを逃がさない。ロケでは島田細香さんの良型捕獲を強力にサポートしてくれた

画像14
画像15
「パワープレイ」の番手はこの6種類

「パワープレイ」の番手は3S・SS・S・M・L・LLの5種類。余談だが、Lサイズは「小さくても強いから、スーパーライトジギングに使っても抜群にいいよ!」と主原

近年は、コイツが主役になる場面も
『桜幻鯛ラバーR』にスピニングのS65ML&S60MHが追加!

いまや必携となった存在のスピニングロッドの現在

「立て釣りの胴の間で、投げることで他の人とは狙う筋を変えられるスピニングロッドが大きな武器になります。スピニングを携帯する方はどんどん増えています」と主原はいう。
ただし、定速巻きを常とするタイラバでは、スピニングロッドなら何でもいいわけではないと主原はいう。
「スピニングリールは、回転するローターと上下するスプールの挙動でラインを巻き取る関係上、必ずガイド内で“糸飛び”が発生します。これが定速巻きの安定感を乱してしまう。大口径ガイドほど、この影響が大きくなるから、Rシリーズのスピニングロッドは、バットガイドを小口径にすることで、その弊害を最小限に抑えているんです」。
“糸飛び”による定速巻きの「ノイズ」は、ほんのわずかなものだが、リトリーブ中のかすかな荷重変化を察知するためには大きな弊害となる。浅場になるほどこの影響が大きい。「桜幻のスピニングモデルでは、小口径のローライドガイドにより「ノイズ」を減少させ、繊細なバイトを感じ取ることができ、ベイトタックルと遜色がないレベルまで釣果を伸ばすことが可能となった。
「スピニングのタイラバロッドは投げることが前提だけど、その中でも、とくに“食わせる”要素を追求したのが、追加されたS65MLなんだよね。胴の間でのアンダーキャストで投げやすいレングス。一番幅広い人に使ってもらえるモデルだね」。
その一方で最硬調となるS60MHは、S65MLとは真逆のモデルだという。
「飛距離という面では、Rシリーズだけじゃなくて、おそらくスピニングのタイラバロッドのなかでは最強だろうね。60~80gを何のストレスもなく誰よりも飛ばすことができるロッドだよ」。
その遠投力をフルに使えば、巻いていてもラインが海中で緩い弧を描いているから、ロッドの硬さが気になるアングラーでも、実際の食い込みや定速巻きへの弊害は、それほど心配することはないそうだ。
「ただ、やり取りは、ロッドが硬い分だけ難易度が上がるからマニュアル感覚のエキサイティングモデルといえるかな」。
この2モデルの追加で、Rシリーズのスピニングロッドは、3種類で綺麗に飛距離と硬軟=食わせのレベルを使い分けられるようになった。状況次第で主役になる、スピニングタックルの充実で、タイラバゲームはさらに面白くなるのだ。

画像16
画像17
S65ML-solid.Fのキャストシーン

TVロケ当日は、食わせに寄せたS65ML-solid.Fを選択。主原は、この新戦力のポテンシャルを活かし、十分すぎる飛距離で次々とマダイを引き出してくれた

画像18
食い込みの良さ=フックアウトの軽減

少々ラフなファイトをしてもフックアウトしないのがS65MLの持ち味。その一方で、瀬戸内海のレギュラーサイズなら、抜き上げにも不安がないレベルの芯の強さも持ち合わせている

画像19
両極をなす2本のスピニングモデル

スピニングタックルにおけるキャストと食わせの融合にこだわったのがS65ML-solid.F。誰よりも飛ばして獲るための投げやすさにこだわったのがチューブラのS60MH-RF。後者を提案した開発のⅯ氏によれば「スピニング鯛ラバの最大のメリットはキャスタビリティ。60~80gの投げやすさにこだわりました。毎回、水深の半分の距離まで飛ばせば必ずアタリが増えますよ。硬さゆえに水中の荷重変化もダイレクトに伝わります。かすかな前アタリから対応すれば、フッキングに持ち込むことが出来る可能性もアップします」という。
「『桜幻カスタムフックパワープレイ』との相性も抜群です。フッキングしてからの真鯛のファイトもダイレクトに伝わります。ロッドワークとラインマネイジメントでのゲームはエキサイティングで、まさに”釣り切った感”を満喫できますよ」。このため、ファイト中はバットエンドを脇に挟まず、肘に当てながら腕の柔軟性も活かしたロッドワークがおすすめとのこと。おすすめのラインシステムは、PE0.8号にリーダーは4号で長さは投げやすさを優先して60~80cmで使うのが主原のおすすめだという

画像20
ティップセクションの設定

S65ML-solid.Fはソリッド、S60MHはチューブラのティップを採用している。写真は同重量の負荷を加えた際のベンドカーブ。S65ML-solid.Fの食わせに寄せた特性と飛距離を狙ったS60MHの性格がうかがえるものとなっている

画像21
画像22
ベイトボールを作る青物の下には……

水面にイワシが追い上げられていれば、周辺には必ず青物がいる。中層を狙った島田細香さんには案の定のイナダ。その下にはマダイが付いている。斜めの軌道をとれるヘッドの重さがポイントだった

画像23
ベイトが小魚ならスピニングが最強

ロケ時はスピニングタックルにはおあつらえ向きのイワシ付きのパターンで、40gのヘッドを遠投して中層を斜めに引くのが正解だった。スピニングリールならではのフォールの速さも釣果の秘密。ベイトタックルオンリーの周辺の船が沈黙するなか、主原はこのサイズを連発した