状況に合わせて釣ろう

2013.10.15

スタッフ 

CATEGORY :

バス

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所
ラグゼスタッフ花木です。
前回の釣行後に大雨が続き、更には大型台風到来とフィールドの状況はガラっと変わってしまいました!
季節も進行し、初秋といった感じで、夜は過ごしやすくなりました。
しかし、池の水は一気に満水になり水温は急低下、ターンオーバーがいよいよ始まりました。
前回までに見つけておいたパターンとポイントは崩壊し、1からのスタートです!
減水からの増水、久々に降ったまとまった雨、水温低下など、普通ならこの時期には良い事ずくめです。
しかし、先月まで好調だったポイントに増水で入る事ができなかったり、魚が散らばってしまったりと少し釣り辛くなってしまいました。
毎年繰り返す、初秋のターンオーバーです。
こんな時は教科書通りに巻いて魚を探します。
最近まで良かった河川は増水し濁流となっていたために外しましたが、各池では巻きまくりました。
しかし、こうなるとそう簡単にバイトはなく、本当に魚を「探す」といった感じです。
テキサスやジグでピンポイントやボトムも探りましたが、反応はありません。
効率も悪いので、やはり巻きました!
131016_hanaki01.jpg
日中の気温は30度超え、夜は20度以下まで下がります。
みるみるうちに濁っていくポイントでバスに口を使わせるには、目で見付けさせ、口を使わせるのではなく、リアクションもしくは側線に感じさせるようにルアーを巻く事が大切です。
リアクションバイトは障害物に当てたり、ルアーにバランスを崩させたりと様々な方法があり、反射的、本能的に口を使わせる釣方です。
しかし、今回はそれとは違う、もう1つの側線に反応させるようにスローかつ丁寧に巻く方法で、魚は反応しました!
ラインを張らず緩めずの状態で、クランクが浮き上がらないギリギリのスピードでリトリーブ、ルアー自身の持っている最大深水度でレンジを合わせるという釣り方です。
これは真冬に多用する釣方ですが、このターンオーバーで活性が下がったバスにはとても効果的です。
文にすれば難しく思えますが、慣れればとても簡単にできます。
コツがある訳では無く、使い慣れたタックルを使用し、練習を繰り返す事が一番です!
131016_hanaki02.jpg
この日はギリギリ50には届きませんでしたが、体高ある40後半と40ジャストをこの釣り方でキャッチしました!
この時期は様々な釣り方、タックルで激しい状況変化に対応してください!
131016_hanaki03.jpg
■場所:某所
■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION”MEDIUM HEAVY”
リール:ジリオンJD 6.3:1
ライン:アプロード カモフラフロロ14lb.
ルアー:スピナーベイト1/2oz、クランクベイト

LUXXE STAFF

花木 陽太

花木 陽太Hanaki Yota

所属エリア :

関西エリア

釣りジャンル :

バス

RELATED ITEM関連アイテム

  • NEW カラビナ付きランヤード(ワイヤーイン)

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー3.5kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー1kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW フィッシングメジャー120cm

    長物の魚や不意のメーター超えなども広くカバー!

  • NEW フォールディングPEカッター9.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW カッティングPEプライヤー11.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW スプリットリングプライヤー22cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!

  • NEW スプリットリングプライヤー18.5cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!