中部地方のハイプレッシャーフィールド

2012.09.06

スタッフ 

CATEGORY :

バス

■時期 ・・・ 8月11、12、15日 ■場所 ・・・ 岐阜県 大江川、津屋川、五三川

こんにちは、ラグゼスタッフの小木改め大津です。 この度、関東から中部地方に移住する事になりました。 今後は中部地方のハイプレッシャーフィールド(大江川・津屋川・五三川)を主にレポートさせて頂きます。 中部の皆さん宜しくお願いします。

陸っぱりをメインに釣りを展開しますので、ある程度前日に何をするのかを決め、ロッドを選択します。 前日に用意したロッドは 巻物用にLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” テキサス・ヘビダン用にLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” ダウンショット用にLUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT” ネコリグ用にLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” の計4本を選択。

まずはフィールドを紹介します。 大江川はコンクリート護岸されている箇所が多く、週末は数多くのアングラーが訪れます。 水質はステインで多くのビックフィッシュが釣れる河川として有名です。 津屋川は陸っぱりする箇所が少なく、入れ替わり立ち代わりアングラーが訪れバスにプレッシャーがかかっている状況。 そして潮の満ち引きをダイレクトに受ける河川です。 水質はクリアーとステイン半々です。 五三川は大江川同様コンクリート護岸されている箇所が多く、陸っぱりに最適。 数多くのストラクチャー(杭・ブッシュ・葦・ゴロタ等)が多く存在します。水質はマッディーに近く、霞ヶ浦水系の縮小版みたいな感じです。 この他にも小規模なリバーや野池が付近に数多くありますので、その日の状況によって釣り場を変えて釣りをします。 自分は元々中部出身で、バス釣りを始めた時から上記のフィールドに通っていましたのである程度ポイントは把握しています。 盆休みを利用して10年ぶりに訪れましたが、あまり変わっていなかったので一安心。

本題の釣りは、昔と変わらずシーズナルパターン通り釣れました。 この時期は水通しが良い場所とシェードがキーになってきます。 3日間通して水門周り・橋脚・川幅が狭くなっている箇所を狙いました。

一日目は水が流れる水門でLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”を使用してネコリグを流れがよれているポイントにキャスト。するとフォール中にバイトがあり幸先よく1匹目を釣る事に成功。

120817_ogi_01.jpg

そして次のポイントに移動中ポツリポツリと雨が降ってきた瞬間、バケツをひっくり返した様な豪雨に変わり早めの昼食タイム。 その後雨が止み釣り開始。ここ数日晴れ間が続き久しぶりの雨。表層付近はベイトの群れが泳ぎ回り活性が上がっている様子でした。 そこでLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”を使用してクランクをキャスト。 ブレイクのゴロタに当てた瞬間に引っ手繰るバイトがあり2日匹目ゲット! ですが中々連発せず。時間だけが過ぎていきます。 最後のポイントに到着し、流れが当たる杭にLUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT”を使用してワッキーダウンショットをキャストすると小バスがヒット。 ここで1日目終了。

2日目も前日同様水通しを意識して釣り開始。朝一はLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”を使用し、広範囲をクランクで探ると幸先良く1匹目を釣る事に成功! 次に橋脚のシェードをLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”を使用し、ライトテキサスで狙うと2匹目を釣る事に成功!! 続いて橋脚に移動しLUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT”を使用し、ワッキーダウンショットをキャストすると連続で2匹釣る事が出来ました♪ だが自分が思っているバスはまだまだこんなものではありません… 次に移動した先はウィード+流れがあるポイント。LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT”を使用してワッキーダウンショットをキャストします。 最初は流れが当たる場所や流れがよれる場所にキャストしましたがバイトがありません。 そこで流心にあるウィードを狙うとようやく待ちに待った反応が!!

120817_ogi_02.jpg

ここから同じリグで狙うと連続で10匹以上釣る事に成功。 自分でもビックリする経験でしたが、自分が求めるバスと出会う事はありませんでした… この日最後のポイントに移動しLUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW”を使用してウィードエリアをクランクで流し、2匹を追加したところでこの日の釣りは終了。

3日目は昼からの釣行。 やはり盆休みでアングラーが多く、思うようにポイントに入れません。 2日目爆釣したポイントでは先日と異なり少し濁りが入っていました。 LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT”を使用してダウンショットをキャスト。 この日も最初の1本は幸先よく釣る事が出来ましたがその後はノーバイト。 ポイント移動し、流れが当たる杭をLUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”を使用し、ヘビーダウンショットをキャストしていくと、フォール中にバイトがあり2匹目を釣る事が出来ましたが、中々自分が思っているバスと出会う事が出来ません。 ここでポイント移動しましたが、連日の雨でもはや激流状態… しかし最下流にある水門が閉まっておりすぐに収まるとの確信があったためその間新規開拓しに行きましたが結局ノーバイト… そして夕方再び訪れた時には予想通り流れが止まり、減水から満水に変わっていました。

そこでLUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT”を使用してダウンショットを護岸沿いにキャスト。 するとすぐにバイトがあり小バスがヒット! その後も護岸沿いにキャストしスローに引いてくると沖にラインが走った。 フッキングした瞬間これは良型のバスだと思い慎重にやりとりし、無事に釣る事が出来た。 釣り上げた瞬間やっと求めていたバスと出会う事ができ一安心。 その後も同じリグで小バスを釣ってストップフィッシング。

今回3日間の釣行で最も活躍したロッドはLUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT”。 やはり陸っぱりでもベイトフィネスは大活躍です。

120817_ogi_05.jpg

やはりプレッシャーがかかっているフィールドにはなくてはならないロッドです。 そして今回もう一つ活躍したアイテムががまかつ ワーム329 ハンガーSF KGウィードレス。

120817_ogi_03.jpg

120817_ogi_04.jpg

名前の通りウィードエリアで抜群すり抜け、どんな方向からもフッキング可能。 皆さん是非経験してみてくださいね。

■場所:岐阜県 大江川、津屋川、五三川

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 B68ML-CRANK MASTER“SHALLOW” ライン:ナイロン 12lb. ルアー:SQAREBILL・PINJACK-200

ロッド:LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” ライン:フロロ 10lb. ルアー:レインズホッグ フック:がまかつ ワーム321 バルキースタイル

ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT” ライン:フロロ 7lb. ルアー:スワンプシリーズ・Gテールサターン フック:がまかつ ワーム329 ハンガーSF KGウィードレス     がまかつ ワーム321 バルキースタイル

ロッド:LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” ライン:フロロ 4lb. ルアー:スワンプJr フック:がまかつ ワーム318 ワッキー

LUXXE STAFF

大津 乗彦

大津 乗彦Otsu Norihiko

所属エリア :

中部エリア

釣りジャンル :

バス

RELATED ITEM関連アイテム

  • ワームフック コンタクトマスター

    超ショートバイトをも確実に捕らえる!

  • ワームフック E.W.G ロックフィッシュ(NSB)

    大型ロックフィッシュゲームに対応したE.W.Gオフセットフック!

  • ワーム 326 スモール

    アングラーには伝わらないバイトをもオートフッキング。

  • ワーム 325 ウルトラライト(レッド)

    ウルトラライトゲーム専用オフセットフック。

  • ワーム 318 ワッキー(レッド)

    ワッキーリグ専用設計!「レッドカラー」バージョン。

  • ワーム 318 ワッキー

    ワッキーリグ専用設計!

  • ワーム 324 ハンガースタイル

    ハイグレードコンペティションフック

  • ワーム 329 ハンガーSF

    “スピニングフィネス”全般に適したモデル