パワーオーシャンカップin庄内

2012.06.15

スタッフ 

■時期 ・・・ 5月27日 ■場所 ・・・ 山形県 庄内エリア

悔しい思いをした男鹿半島戦から1ヶ月。 今回の戦いの舞台は、地元山形県での開催です。

今年はなかなか足を運べずで、庄内エリア初釣行が大会1週間前のプラクティスとなりました。 プラクティスでこれまで数年間開拓してきた有力エリアを中心に廻ってみた感じでは、アイナメの入りは上々で入るエリアほぼ全てでバイトを得ることができ、好感触でプラクティスを終える事が出来ました。

大会前日、釣り東北さんの取材で午前中は青物狙いだったため翌日のロックフィッシュの下見は出来ませんでした。 しかし午後からターゲットがフラットフィッシュ・ロックフィッシュに変わったため大会エリアをランガン。 前週のプラ同様比較的イージーにアイナメを獲る事ができ、翌日に期待が高まります。

そして迎えた大会当日、狙いのエリアに入ってみると、磯物の小漁船で狙いのエリアは埋め尽くされ壊滅状態… オマケに前日までとは全く違う潮のため魚の反応は極めてシビアな状態へと変っていました。 そこで急遽作戦変更で、キーパー数獲りからキッカー狙いにシフト。 使用したタックルはLUXXE Coastline 岩鬼 FⅡ B78H-RFにボトムノッカーオフセット、パラマックス4incでキッカー場となりうる磯場をスローに探ってみると、ゴゴッと明らかに良型の反応! 一気に根から引き離しネットに収まったのは、このエリアではキッカーとなる40UPのアイナメでした。

120602_kano_03.JPG

その後も次なる良型を求めランガンを繰り返すも、潮も弛み2匹目をキャッチ出来ずにストップフィッシングとなりました。

期待と不安の入り混じるウェイン。 しかし、良くない潮の影響は他の選手も同様だった為ウェイトは伸びずで、結果は4位入賞となりました。

120602_kano_02.JPG

地元で初開催となったオーシャンカップ。 立場上、是が非でも入賞にしなくては! というプレッシャーの中の試合だったため、終了後は安堵感でいっぱいでした。

今回私が注目したのは、同じエリアにエントリーしたチームメイトの木村選手で、1本のアイナメをキャッチしたのち、厳しい状況を読んで穴釣りのムラソイ狙いにシフト。 見事リミットメイクし準優勝に上がった事です。 キッカーばかりに拘った私とは相反した柔軟性は私も見習うべき点だと感じました。

120602_kano_01.JPG

■場所:山形県 庄内エリア

■タックルデータ ロッド:LUXXE Coastline 岩鬼FII B78H-RF リール:シマノ スコーピオンDC7 ライン:Rapala Sufix832 1.5lb.+フロロ16lb. リ グ:ジグヘッド フック:がまかつ ボトムノッカー・オフセット 12g-#1 ルアー:エコギア パラマックス4inc

ロッド:LUXXE Coastline 岩鬼FII S80MH-RF リール:ダイワ セルテート2500 ライン:Rapala Sufix832 0.8lb.+フロロ14lb. リ グ:ジグヘッド フック:がまかつ ボトムノッカー・オフセット 8g-#1 ルアー:エコギア パラマックス4inc

LUXXE STAFF

鹿野 栄健

鹿野 栄健Kano Eiken

所属エリア :

東北エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

タイラバ

RELATED ITEM関連アイテム

  • ボトムノッカー オフセット

    オフセットフックタイプの変形ラウンドジグヘッドです!

  • ボトムノッカー ストレート

    定番「ボトムノッカー」の「ストレートフック」タイプ!