頭の中はサクラマスでいっぱい

2012.03.15

スタッフ 

CATEGORY :

トラウト

■時期 ・・・ 3月1日 ■場所 ・・・ 鳥取県 日野川

3月1日に鳥取県の日野川が解禁日を迎えたので、サクラマスタックルを持って日野川に行ってきました。

120307_hamada_01.JPG

この時期になると私の頭の中はサクラマスでいっぱいになってしまいます。 解禁前夜になかなか寝付けないのも毎年恒例です(笑) 遡上する絶対数が少ない上に、気難しいサクラマスをキャッチするには運の要素が大部分とよく言われますが、経験を積み重ね、数多くフィールドに通うことで運を掴む確立を高くできると私は思います。

さらに大事なのは突然転がり込んだ幸運を絶対に逃さないこと・・・。 使用するタックルに妥協や油断が絶対にあってはなりません。 特にフックはタックルのなかでも唯一サクラマスに直接触れる物なので、高い性能の物を使用しなければなりません。 ショートバイトで終わるか、ヒットに持ち込めるかの鍵はフックが握っているといってもいいくらいなのです。

だから私はプラグにはがまかつ トレブルRB ミディアムヘビーがまかつ トレブルSP ミディアムヘビーをセットします。

120307_hamada_02.JPG

スプーンにはがまかつ TR-21がまかつ TR-22を使用しています。

120307_hamada_03.JPG

120307_hamada_04.JPG

私はヒットさせることに重点をおきPEラインを使用しています。 PEを使用することでルアーアクション、感度、強度が高くなるメリットがあります。 しかし、サクラマスは動体視力が優れバイトスピードも速く、バイトしてから異物と認識してルアーを放すまでの時間が短いので、PEラインの高い感度性能が逆にサクラマスに早く異物と認識させてしまうのです。

だから私はPEを使い始めた当初はショートバイトやバラシに悩まされました。 今は先調子のロッド、PEライン、ガマカツフックを組み合わせているので、バイトした瞬間にフックアップさせられる「気がつかれるまでに刺さる」早いバランスが組めています。 今シーズンも解禁日にフレッシュランの美しいサクラマスをキャッチすることができました。

120307_hamada_06.JPG

今シーズンは全体的に好調との声が聞こえているので今後が楽しみです。

120307_hamada_05.JPG

■場所:鳥取県 日野川

■タックルデータ フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #6 がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #6 がまかつ TR-21 #1 #1/0 がまかつ TR-22 #1 #1/0 がまかつ 音速パワースナップ M

LUXXE STAFF

浜田 恭

浜田 恭Hamada Kyo

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

オフショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • TR-24(シングル)

    大型トラウトをターゲットに開発された強靭なスイミングフック

  • TR-22(ダブル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-22(シングル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-21(ダブル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-21(シングル)

    スイミングフックのニュースタンダード

  • TR-26(ダブル)

    スイミングフックの新たな領域へ。

  • TR-26(シングル)

    スイミングフックの新たな領域へ

  • TR-25(ダブル)

    スイミングフックを新たな領域へ。