長時間勝負!

2011.12.05

スタッフ 

■時期 ・・・ 11月22日 ■場所 ・・・ 広島県 本川

晩秋を迎え、寒さが一段ときつくなって来ました。 でもこの寒さを吹き飛ばしてくれるサイズが連発する事があるので、寒さを感じつつ河川に浸かっています。 今回は時間に余裕があるので、下げと込みの両方を狙ってみました。

私は、他県の河川はあまりやった事がないのですが、広島の河川は下げの流速が早く橋脚を絡めてシーバスを狙うのに、ある程度のパワーと粘りがないとウェイトがのったランカーサイズをキャッチするのが難しいです。 LUXXE Saltage REFLEX LEOZAシリーズの中で、一番適しているのがLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERだと思います。

タックルの準備を済ませ、先ずは下げのタイミングで入水してみます。 開始直後は、ベイトであるコノシロが確認出来、かなり期待大と思いましたが、直ぐにコノシロは姿を消してしまいました。 嫌な予感を感じつつ狙って見るものの、案の定静かな時間が過ぎて行きます。

一度だけ反応が有ったのが橋脚にルアーが掛かる位に通した時だったので、次の橋脚も同じように通して狙ってみました。 すると直ぐに反応があり、サイズには不満が残るもののシーバスの姿を見ることができ、一安心しました。

111129_nishiyama_04.jpg

その後は、下げ止まりまでに3本追加し「下げの部」は終了し、休憩を入れて込みの潮が効きだすタイミングで再び狙ってみます。 流れが出始め、潮目が橋脚付近に入りだしたタイミングでキャストすると、直ぐに反応がありました。

111129_nishiyama_02.jpg

その後も連続ヒットで釣果を伸ばし、満足した所で終了する事にしました。

111129_nishiyama_03.jpg

今回の釣行は非常に厳しい状況の中で行なわれました。ただ明暗を通すだけでは全く反応がなく、ドリフトさせ橋脚ぎりぎりを通さないと食わない状態でしたが、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTERのパワーと粘りのおかげで、橋脚際で食わせても安心してファイトでき、全てキャッチする事が出来ました。

111129_nishiyama_05.jpg

この時期に、橋脚やストラクチャーを狙うのに最高のロッドだと思います。

111129_nishiyama_07.jpg

■場所:広島県 本川

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 96MH“SHOOTING”MASTER リール:シマノ ステラ4000XG ライン:デュエル Xワイヤー1.5号 ルアー:デュエル ハードコア リップレスミノー120F     ハードコアミノー120Fパワー アイルマグネットDB 105 フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #5,#4,#3 スナップ:がまかつ 音速パワースナップM

LUXXE STAFF

西山 宜之

西山 宜之Nshiyama Noriyuki

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。