近所の小河川で!

2011.10.01

スタッフ 

■時期 ・・・ 9月11日 ■場所 ・・・ 広島県 御手洗川

9月11日シーバスを狙いに行って来ました。 今回は私が住む近所にある小河川の御手洗川で陸から狙う事にして見ました。

110929_nishiyama_03.jpg

ここの河川は川幅が20mも無い河川ですがベイトとなるボラ稚魚やイナッコが多く、私がシーバスを始めた頃に良く通った思い出のポイントです。 当日は日中から夕方にかけて南西の風が強く吹き、ベイトが風に寄せられ河口や河川内に通常より集まるだろうと予測していたので確かめに行って見ました。

タックルを車へ積み込み、予想したようにベイトが入っているか河口にある護岸へ向かい、ポイントに着き河川の様子を見ると予想通り、通常よりベイトの数が多いです。 かなりシーバスからの反応がありそうで気持ちが高まって来ます。 潮位がまだ低いので潮位が上がって来るまでゆっくりとタックルの準備をする事にしました。

今回使用するロッドはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M”TECHNICAL”MASTER ここのポイントは、直ぐ後ろに壁があるのでキャストしにくいのと、シンキングペンシルや色々なルアーを試したいなと思っていたので操作性に優れているLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M”TECHNICAL”MASTERを使用しました。

タイミングが近づいて来たのでポイントへ向かって居ると、ウェーディングでチヌを狙っていた友人に出会い、友人を引き留め、一緒にシーバスを狙う事にしました。 しばらく海面の様子を見ていると、ベイトがざわめき始める。 その瞬間に隣に居た友人のロッドが曲がり、元気なシーバスがエラ洗いをし、抵抗を見せるものの無事にキャッチ。

110929_nishiyama_01.jpg

写真を撮り、リリースし、今度は私がとキャストするも反応がないので立ち位置を少し変えて対岸付近にあるちょっとした地形変化がある奥へキャストしスローに巻いていると、地形変化がある所を通過した瞬間にロッドにバイトが伝わって来ました。 フッキングを決め、慎重にやり取りをし、上がって来たのは大きくはないですが元気なシーバスでかなり嬉しく思いました。 リリースし、もう1本とキャストした数投目!

同じラインで再びヒットする。

110929_nishiyama_02.jpg

先ほどと同サイズでランディングする寸前でフックが1本しか掛かっていなかったようで、暴れた瞬間にフックアウト。 気を取り直しキャストして見るものの、満潮潮止まりが近づき反応が無くなり、次の日が仕事の事もあり今回の釣行は終了する事にしました。

■場所:広島県 御手洗川

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M”TECHNICAL”MASTER リール:シマノ ステラ3000HG ライン:デュエル Xワイヤー0.8号 リーダー:デュエル パワーカーボン ショックリーダー5号 ルアー:ハードコア ミノー 130F ハードコア リップレスミノー 120F     ハードコア シンキングペンシル100 フィンテールバイブ70 フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #5 スナップ:がまかつ 音速パワースナップ

LUXXE STAFF

西山 宜之

西山 宜之Nshiyama Noriyuki

所属エリア :

中国エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。