晩夏の野尻湖 今年の傾向は

2011.09.08

スタッフ 

CATEGORY :

バス

■時期 ・・・ 9月4日など ■場所 ・・・ 長野県 野尻湖

みなさんこんにちは。 今回は私のホームレイクであります野尻湖の近況とお勧めのロッドをご紹介します。

110906_takimoto_01.jpg

今年の野尻湖はとにかく魚のサイズがデカイ。 近年のワカサギの量が多いせいか魚のコンディションは過去最高のレベルにあるといえます。 反面アベレージサイズがやや少ないように感じ、若干数釣りが難しいコンディションが続いているようにも思えます。 ですので、いかに的確に魚の場所と状況を掴んで適切にアプローチしてやるかが、きっちりキャッチするためのキーとなっています。 以前のようにどこに何を投げてもというわけには行かないのが現状です。

さて、これから秋に向けて魚がディープに落ちる固体が多くなってくるのが例年の傾向です。 こういう状況で非常に心強い味方となってくれるロッドをご紹介します。 まずはボトムの釣りで定番のライトキャロ。

この釣り専用のロッドがLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”LUXXE ATS05 S70ML-SM MASTER“CAROLINA”の2本です。

私的なこの2本の使い分けは2.7g以下ならLUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT” 3.5g以上ならLUXXE ATS05 S70ML-SM MASTER“CAROLINA” シンカーの重さに応じて使い分けています。 理由はシンカーをズル引いたときのティップの入り方が重要で、入りすぎると岩の間にスタックするし、入らなさ過ぎるとボトムをトレースするスピードを調整しにくくなります。 よって上記の使い分けが私的に、快適に釣りが出来る使い分けとなっています。

もう一つこの2本の特徴はほぼ同じ感覚で使い分けられる事。 リズムが重要なスモールマウスの釣りでロッドを取り替えても同じ感覚で釣りが出来る事はとても重要な事なのです。 そして、魚を掛けてからも7ftという長さとアクティブサスデザインによる追従性がすばらしく、2.5lb.クラスのラインを使用しても安心してやり取りできます。

次にダウンショット。 この釣りでお勧めのロッドがLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR” 超繊細なソリッドティップを持つこのロッドはディープでスモールのショートバイトを取るにはもはや無くてはならない存在です。 ティップは超繊細ですがベリー部分からは張りがあって、積極的に掛けていくシチュエーションにも完全対応でき、魚探を駆使したシューティングの釣りで特に威力を発揮します。

これから秋にかけてより難しくなる事が予想できますが、反面ゲーム性は非常に高く面白い野尻湖。 ぜひLUXXE ATS05シリーズを持って攻略してみてください。 野尻湖にはこんな2kgアップのラージもいますよ!

110906_takimoto_02.jpg

■場所:長野県 野尻湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”     LUXXE ATS05 S70ML-SM MASTER“CAROLINA”     LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER“SOLID SENSOR”

LUXXE STAFF

瀧本 英樹

瀧本 英樹Takimoto Hideki

所属エリア :

中部エリア

釣りジャンル :

バス

RELATED ITEM関連アイテム

  • NEW カラビナ付きランヤード(ワイヤーイン)

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー3.5kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW マグネットリリーサー1kgタイプ

    小物を提げる便利なアイテム

  • NEW フィッシングメジャー120cm

    長物の魚や不意のメーター超えなども広くカバー!

  • NEW フォールディングPEカッター9.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW カッティングPEプライヤー11.5cm

    サクサク切れる!

  • NEW スプリットリングプライヤー22cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!

  • NEW スプリットリングプライヤー18.5cm

    パールニッケルメッキで錆びに強い!