激流の天橋立

2010.12.16

スタッフ 

CATEGORY :

■時期 ・・・ 12月初旬 ■場所 ・・・ 京都府 天橋立

12月になりましたが、どうも季節感がズレていて何か違和感を覚ずにはいられないですね。

ようやく、というか、やっと秋らしい釣果が聞こえ始め、ソワソワしたムードになってきました。

miyazaki5_1.jpg

この日は、出かける予定時間を大幅にオーバーしてしまったので、予定していた行き場所を変更して一番近い天橋立に向かいました。 これが結果的に良かったのか?釣果には恵まれたので結果オーライでしたが。

いつもの如くLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M TECHNICAL MASTERをセットします。 毎回書いている気がしますが、天橋立の「流速の釣り」とLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M TECHNICAL MASTERの相性は抜群です。

さて、いざ流れを見てビックリ。

今期、いやここ近年で一番?と思えるほどの激流! こりゃまたシーバスの活性もさぞかし高いだろうと期待してキャスト開始!

1投目

2投目

3投目…。

あれ?

期待とは裏腹にシーバスからのコンタクトはありません。

暫くして、ただでさえ強い流れが更に強くなり、超激流に! ウェーディングで立ってるのも辛い状態です。

そのとき待望のヒット。

しかも遠めです。 魚のサイズもまあまあ。

miyazaki5_3.jpg

激流の中、遠めのヒット。 更に激流の中でのウェーディングしているという、アングラー側には最も不利な状態なのですが、それを補ってくれるLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M TECHNICAL MASTERのポテンシャルの高さをフルに発揮できる状況ともいえます。

強い流れの中でのランディングは、やもすると無駄に長時間にわたり、結果的に場を荒してしまったり他のアングラーの手を止めてしまうこともあります。

しかしLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M TECHNICAL MASTERは、ガツンとバットで受け止め、絶妙のバランスとレングスで余裕の取り回しが出来、最短時間でのランディングに成功しました。

底知れないポテンシャルの高さを垣間見たところで、終了の時間が来ました。

miyazaki5_2.jpg

■場所:京都府 天橋立

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M TECHNICAL MASTER リール:シマノ ’07ステラ4000 ライン:アバニ シーバスマックスパワー15lb. リーダー:グランドマックスFX 5号 ルアー:タックルハウス TKLM9/14SW フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #4

LUXXE STAFF

宮崎 崇

宮崎 崇Miyazaki Takashi

所属エリア :

関西エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。