LEOZA 107Mの性能を満喫

2010.11.25

スタッフ 

CATEGORY :

■時期 ・・・ 11月中旬 ■場所 ・・・ 京都府 宮津

最近寒い日が続きます。 秋を通り越してすっかり初冬の雰囲気です。

デタラメな天候が続き、その影響か今期はシーバスからのコンタクトを得るのに苦労します。 初冬の一番「熱い」タイミングのハズなのですが・・・

思うと、春から例年のパターンが総崩れで、こんな年も珍しいです。 そんな中でも釣れてる場所はあるし、キッチリ釣果を上げてる友人も多いですが、個人的には過去最悪レベルです。

しかし!

この日は全てがうまくいきました。 数日前からベイトの様子と気候から目をつけていたポイントがあり、この日もチェックすると鳥山発見。

ここ最近は鳥山がたっても遥か彼方だったのですが、今日は「何とかなりそう」な距離。

飛距離がどうしても欲しいのでLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVにジグをセットします。

miyazaki4_1.jpg

いつも多用するLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 93M VERSATILEと比べると、1ozクラスのジグだと感覚的には10%の飛距離アップです♪

ものすごい初速で放出されるジグが、鳥山の端の方に辛うじて届きます。 するとすぐさまヒット。 しかしサイズは小さい。。。

miyazaki4_6.jpg

ヒットが続きますがやはりサイズは伸びません。

LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVは、 遠く且つこのサイズのバイトも弾くことなくヒットに持ち込みます。

柔と剛がいいバランスで取れたロッド。 そんなイメージです。

miyazaki4_3.jpg

ところが鳥山が少し近づき、中心付近に届くと、とたんにサイズアップ。 一番オイシそうなトコロをフォールで攻めて良型キャッチ。

さらに近づいてきたので効率よくバイブレーションにチェンジ。 強波動+強フラッシングのテッパンバイブでガンガンアピールして、ガンガンヒットに持ち込みます。

写真撮るのが忙しいと感じるぐらいの連続ヒット。

miyazaki4_2.jpg

暫くすると鳥山もバラけてきてちょっとひと段落。 単発ではボイルもあり、まだまだ釣れそうですが、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVの性能を満喫できたのでこれで収竿にしました。

■場所:京都府 宮津

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV リール:シマノ ’10ステラ3000HG ライン:アバニ シーバスマックスパワー15lb リーダー:フロロ 5号 ルアー:コアマン ZETTAI      コアマン アイアンプレート フック:自作アシストフック(がまかつチヌ鈎使用)     がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #7

LUXXE STAFF

宮崎 崇

宮崎 崇Miyazaki Takashi

所属エリア :

関西エリア

釣りジャンル :

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。