秋が来た!?

2010.11.04

スタッフ 

■時期 ・・・ 10月 ■場所 ・・・ 千葉県 内房

今回は秋のパターンを調査しに、干潟エリアに行ってみました。 東京湾には干潟をはじめ多くのシャローエリアがあります。 シャローエリアはベイトフィッシュも多く、ベイトの捕食が活発になったシーバスが付くのに適した環境です。

今回の釣行は潮周りを考慮してナイトゲーム。 タックルはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER。 名前の通り干潟のようなシャローエリアでウェーディングするときは抜群の取り回しと汎用性を備えています。 あと、最近お気に入りのものが、新発売されたがまかつ 音速パワースナップです。 このスナップは開閉作業が必要ないため、使い慣れてくると暗い中でもルアーの装着が簡単に出来ます。 ナイトゲームではいちいちライトをつけなくても良い場合が増えますし、ライトの光で魚を警戒させることも減ります。

まず下げ潮2割ほどからスタートしましたが、周りを見渡すとベイトもまばらで、ノーバイト。 ルアーローテーションをしながら時間をつぶしていると目の前にベイトの群れが帯状になっているところを発見。 そろそろ時合なのかなと考えているといきなりバイトがありましたが、空振り・・・。 やっぱりと思っていたら、隣で投げていた釣友にヒット。

namekata2_2.jpg

「時合だ、時合だーー!」 心の中で叫びながらしばらく集中しているとコンッとアタリ。 鋭くあわせると水面からシーバスが飛び出しました。 LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERのアクティブサスでぐいぐい寄せてキャッチ。

namekata2_3.jpg

よし次!!と意気込んでキャストを繰り返しますが、そのあと釣友が1ヒットのみでアタリがありません。 そこで少し場所を移動してみました。 そこは向きが違う流れがぶつかり合ってヨレていました。 釣れそうだなあ~と釣友とニヤニヤしながらキャストを開始。

しばらくすると小さいアタリを感じ、フッキング。 ショートバイトだったので空振りかと思いましたが、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERのバットにしっかりとした重量感が伝わりました。

よく跳ねる元気なシーバスだったのでゆっくりと体力を奪ってからランディングしました。 ウェーディングの場合、シーバスとの距離が近いため、手前で暴れられるといろいろと危険です。 キャッチ後よく見るとシーバスに掛かったフックは1本のみ。 がまかつ トレブルRB ミディアムがしっかり貫通していたので良かったです。

このあとはアタリなく終了。 アタリは少なかったものの、要所でバイトを取れたところに秋本番を感じる釣行になりました。

namekata2_1.jpg

■場所:千葉県 内房

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER リール:シマノ ステラ3000HG ライン:パワーエクストラ 18lb. リーダー:フロロ 3.5号 ルアー:ハイドシャロー、マッチベイト(スカジットデザインズ)     ラブラ(リード)     アラジン、悟空(ウェーバー)等 フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #5     がまかつ トレブルRB ミディアム #6

LUXXE STAFF

行方 昌人

行方 昌人Namekata Masato

所属エリア :

関東エリア

釣りジャンル :

ライトゲーム&ロックフィッシュ

ショアジギング&キャスティング

RELATED ITEM関連アイテム

  • リフレックス ティガロ

    さらに磨きがかかった驚異の実釣能力。