9月10日 早明浦ダム

2009.09.11

スタッフ 

CATEGORY :

バス

花木 陽太(関西エリア LUXXE STAFF)
■時期 ・・・ 9月10日
■場所 ・・・ 高知県 早明浦ダム
こんにちは。花木陽太です。
朝夕がとても涼しくなり、いよいよ秋を感じる季節になりました。
そんな今回は高知県、早明浦ダムに行ってきました。
090911hanaki01.jpg
早明浦ダムは西日本最大ダムで豊かな自然に囲まれた場所で釣り以外にも訪れるだけで楽しみでした。
それに何よりも久々のバスボートでのリザーバーがとても楽しみでした。
みなさんもご存じの通り早明浦湖は水位の上下がかなり激しく常に水不足になる湖です。
(今年のJBトーナメントも貯水率が少ない為、変更になりました。)
今回も貯水率75%と少し減水気味でオーバーハングは皆無でした。
25%下がると大体5mくらい干上がる感じです。
しかし陸肌が見えてるとはいえ本当に素晴らしい景色とマイナスイオン溢れる場所、ボートで浮いてるだけで癒されます。
090911hanaki04.jpg
 今回はGriT Design西田さんに協力して頂いての釣行です。
午前1時半に出発、途中寄り道、ボートをけん引していたとは言え5時間のロングドライブ。
到着してみるとそこにはなんとも素晴らしい景色がありました。
水質はクリアー、ダムサイドから眺める景色は感動でした。
 さっそく用意を済ませボートを降ろします。車を置いて頂いている間に第1投。するといきなりHIT。
30センチ強のアベレージサイズがスロープにていとも簡単に釣れました。
090911hanaki02.jpg
私は普段、陸っぱりではスピニングを使用する事はありませんがリザーバーでは必需品へと変わります。
なぜならリザーバーの急斜面を釣るには縦の釣りが必要だからです。
水深に合せて1/16ozをメインに1/32~1/8ozまでのジグヘッドを斜面に沿って落としていく釣りになるからです。
この日の考えていたメインパターンは縦の釣りはフットボールジグにグラブをセットし落とし込む釣りと、スピニングのジグヘッド、横の釣りにはS字系ビッグベイトとDeepクランクで対応しこの日のパターンを探すつもりでした。
 出発前に聞いた話ではキッカーFishはバックウォーターのビッグベイトやサイトでキャッチ以外厳しいとの事だったので今回はリアルカラーのスイムベイトも用意しました。
 開始早々釣れたのでスロープを出てそのままオイルフェンス沿いをトップで流すも無反応。
さすがにプレッシャーがかっていると判断しいっきに中流域まで移動。
本流筋、岬からワンド奥へと流し魚の多いエリア、釣り方を探しますがどれでもパラパラ釣れてしまうので反対にパターンが絞れず苦戦。
この時点で分かった事は岬先端50m前後の立ち木に魚が多い事とメインベイトが7センチくらいの魚である事、バスのレンジが少し深い場所でサスペンドしている事、それに縦、横両方の釣りで反応する事でした。
 これでは絞りきる事ができず各インレット、バックウォーター、底の状況などを探っていきました。
すると浅いエリア、インレット付近ではすでにターンオーバーが始まっており水が濁りインレットに魚はいません。
水深の浅いインレットを頭から消し当たりの良く出た岩盤エリアをジグの落とし込み、Deepクランクで探っていきます。
狙い通りアベレージサイズの30~35までの魚が数は良く釣れ楽しめました。
しかしここでリザーバー名物の谷風。強風の為、落とし込みの釣りができません。
そこでスピナーベイト投入。
風が当たる面を1/2~3/4ozでスローロールするとアベレージを上回る40センチクラスをキャッチ。
ここでは立ち木に風の当たるエリアでのパターンを見つけ出せ40強を含むアベレージサイズを上回る4匹程キャッチできました。
090911hanaki03.jpg
 次にキッカーサイズを狙いにバックウォーターに、しかし白濁した濁りで魚が見えません。
ビッグベイト、スイムベイトを通しますが全く反応無し。
昇りきる前の上流エリアにて父が40クラスをキャッチしたのみです。エレキで流しながら下るもこの日は流れ込み、最上流部にターンの影響からか魚が少なく中、下流エリアをメインに釣る事に決定。
中流域に移動すると風向きが変わっていて少し和らいでいました。
そこでジグの落と込みで流していくとやはりアベレージサイズが釣れます。
数は満足できたのでサイズUPを図り色々試すも中々上がりません。
そろそろ夕暮れとの事で最後はトップ、ビッグベイトで遊ぶ事に。
しかしトップへの反応はそれ程良くなくトップにチェイスした魚をフォローで食わせるという展開に。
ビッグベイトにも同じくチェイスはあるもののバイトにはいたらず40クラス1本のみ。
 この日はいくつかのパターンを見付ける事ができ数も釣ることができました。
しかし反対にどんなルアーでもコンスタントに釣れるという状況に絞り込む事ができずキッカーをとれなかったのかもしれません。
この早明浦ダムは今度は1日ではなく3日間くらいかけてじっくり探してみたいです。
久々のバスボート、リザーバー、大自然の中での釣りを丸1日満喫し午後5時半夕暮れの景色を眺めここで終了。
景色、湖のコンディション、ダムの規模どれをとっても最高の場所でした。
 リザーバーではみなさん色々な釣り方をされると思いますが縦の釣りを覚える事で数は激増するはずです。
フットボールジグにグラブをセットしピッチングでできるだけ垂直に落とし込むというシンプルな釣りです。
始めは難しく感じるかも知れませんがなれるとすぐに釣果を上げれると思います。
メインは3/8ozを使用し私は大体8Mくらいまでを探ります。それより深いレンジはスピンのジグヘッドで落とします。
基本は4inくらいのグラブをセットしフォールスピードにより6inと使い分けます。これだけで釣果は倍増するはずなので是非試してみて下さい。
090911hanaki05.jpg
 横の釣りには岬などを3/4ozのスピナーベイト、Deepクランクで探るのがメインですが最近はS字系やスイムベイトも良く使用します。今回は4mダイバーのクランク、1/2ozのスピナーベイトをメインに使用しました。
この縦の釣り、横の釣りをエリアにより使い分ける事で良い釣りができるはずです。
早明浦ダムは湖面使用料、ボートの登録が必要です。
後ライフジャケットは必ず着用して下さい。
■場所:高知県 早明浦ダム
■タックルデータ
■フットボールジグ
 ロッド:LUXXE SURMIS 676
 リール:メタマグDC7
 ライン:フロロ10lb(アプロード)
■Deepクランク
 ロッド:LUXXE ATS05 B70M
 リール:メタマグDC
 フロロ12lb(アプロード)
■スピナーベイト
 ロッド:LUXXE SURMIS 666H
 リール:メタマグ
 ライン:フロロ14lb
■ガードジグ、ビッグベイト
 ロッド:LUXXE SURMIS 677
 リール:アンタレスDC7
 ライン:フロロ16lb
■トップウォーター
 ロッド:LUXXE ATS05 68ML
 リール:アルデバラン
 ライン:ナイロン14lb(アプロード)
■ジグヘッド
 ロッド:LUXXE ATS05 70ML
 リール:イグジスト2506
 ライン:フロロ4lb(アプロード)

LUXXE STAFF

花木 陽太

花木 陽太Hanaki Yota

所属エリア :

関西エリア

釣りジャンル :

バス

RELATED ITEM関連アイテム

  • NEW パーツ/フックストッカー

    WATERPROOF完全防水ケース

  • NEW ほぼザリ ウェイテッドフック

    “究極のリアル系ウェイテッドフック”

  • NEW ワームフック ソアリンロール

    ワームキーパー自作系、ホバスト専用フック!!

  • NEW ポケッタブル アウトドアハット

    品番:LE-9004 希望本体価格:¥4,000 サイズ:F カラー:ブラック、…

  • NEW フラットビルメッシュキャップ

    品番:LE-9003 希望本体価格:(ブラック×ホワイト/チャコール×ブラック)…

  • NEW フラットビルキャップ

    品番:LE-9001 希望本体価格:(ブラック/ネオングリーン×ブラック) ¥4…

  • NEW トラッカーメッシュキャップ

    品番:LE-9002 希望本体価格:(ブラック) ¥4,200(マルチカムブラッ…

  • NEW カラビナ付きランヤード(ワイヤーイン)

    小物を提げる便利なアイテム