みなさん初めまして、花木 陽太です。

2009.07.03

スタッフ 

CATEGORY :

バス

花木 陽太(関西エリア LUXXE STAFF)
■時期 ・・・ 7月2日
■場所 ・・・ 香川県 高松
みなさん初めまして。
ラグゼホームページにてブログを書かせていただく事になりました花木 陽太です。
私のバスFishingは色々なスタイルで行っており、アメリカやメキシコへ数ヶ月遠征、トーナメント、琵琶湖のバスボート、リザーバーのアルミなど様々ですが最近のメインは四国、関西エリアをオカッパリでランガンすることが多いです。
他にはソルト全般もします。バス+αとしてでも色々と紹介していきたいとおもいます。
これからはルアーフィッシングを今以上にオシャレにし、男女問わず若い人々にもその魅力を感じてもらい、誰もが手軽にオシャレにできるルアーフィッシングを広められるよう頑張りたいと思います。
0703hanaki02.jpg
さっそくですが四国でのバスフィッシィングの話をさせていただきます。
この日は父親と二人で高松周辺に出撃!朝一のチャンスにあわせてAM3時に出発しました。
この日は曇り中心の小雨が混り、時々晴れ間が出るかなという、梅雨らしい天気と湿度の高いじめじめした1日でした。
今日の私のタックルはLUXXE SURMIS 677にF16lbでジグ&TX、LUXXE SURMIS 666HにF12lbでスピナーベイト、LUXXE ATS05 B70MにN16lbでトップウォーター、クランク、LUXXE ATS05 B76HにPE6号でフロッグ&フリップ対応の4本です。
この梅雨の時期の濁り、菱やグラスの伸び具合を想定してのタックルです。
朝4時半に一つ目の池に着くとかなりの減水、そして、田んぼの濁り水の影響でグラスどころか水すらろくに無い壊滅状態。
予想はしていたものの減水がかなりひどく早々に見切り次の池に移動。田植えの影響が少なそうな山池を選択。減水もあまりしておらず、水色もクリアー ~ ステインくらいのかなり良い感じ。
これは釣れるとLUXXE ATS05 B70Mにスーパースプークをセットし投げるが反応がなくバズベイト、ポッパーと弱くしていくも表層にはできらずここでLUXXE SURMIS 677&モンキージグ3/8を投入。
カバーを狙うことに変更。
そして対岸のカバー奥にスキッピングで滑りこますとすぐに答えは返ってき、48センチのナイススタイルなバスをキャッチ。
その後も40センチクラスをあげるもこれはスリムスタイル。
日が昇りきってしまたので菱の出た池でフロッグ、フリップゲームを楽しむことに変更。
しかしまたもや減水&濁り。
なんとかチガークロー3/4ozTXとガマカツマイクLUXXE ATS05 B76Hで35センチクラスをかけると、フッキングの瞬間にバスが飛んで来るぐらいのパワーがあり本当に強い竿だと実感できました。
LUXXE SURMIS 666Hとスピーナーベイトの組み合わせは今更、私が説明しなくてもよいほどの名コンビでしょう。(マイクロスピンには今回少しチューンを施して使用。別の機会に詳しく説明したいと思います。)
平野部の池は濁りが強いと判断し小規模なリザーバーに移動。
ここではLUXXE SURMIS 677にハドルトラウト、ジョインテッドクロー、と投げるがチェイスはあるものの、バイトにいたらずハドルスイマーにてなんとか一匹をキャッチ。
その後もジグ、スピナーベイトと各層を探るも反応はなく朝の池に戻ることに。
時間的にも最後になりそうだったので要所をスピナーベイトでランガンすることにしLUXXE SURMIS 666Hにマイクロスピンの赤金をセット。
そして垂直な壁面沿いをスローリトリーブするといきなり45センチのナイスサイズがヒット。
夕方になりギルを食いにあがってきた魚のようだった。
これはまだまだ釣れると確信しインレットに向かいLUXXE SURMIS 677にジャバロン(ベイトがギルなどの魚の為魚系ワーム)で探るとコンとバイト!!
電撃フッキングを入れるとでかい口でワームを丸呑みしているのが見え強引に抜き上げると54センチのBigバス。エサをかなり食いパンパンの魚でかなりのファイトをみせてくれました。それにしてもその軽さからは想像できない程のLUXXE SURMIS 677のパワーには驚かされました。
丸1日使用していても疲れません。
更に感度、パワー、コントロールどれをとっても超一流です。今後確実にメインとなる一本でしょう。
その後粘るものの雨が強くなりStop Fishing!
0703hanaki01.jpg
今回は二人で45センチオーバーを5本上げる事ができ中々の釣果を得る事ができました。
この時期の野池は田植えの水が入ったり、減水したりと中々タフな状況ですが反対にポイント選び次第では簡単にビッグバスをキャッチできる時期でもありますのでみなさんも通ってみてください。
オカッパリは短時間でもバスをキャッチできるのでデートやドライブのついで友人と遊ぶなどで手軽に行って見てください。
最後に今回使用したタックルですがワームに関してのオフセットフックは全てがまかつ WORM 316Rを使用、このフックはフッキングしてばれることがまずなく貫通力の鋭さに本当にびっくりです。
フリップにも使用できグラスごとバスを引き寄せてきても耐久に問題なしと不安要素が全くない優れものです。もともとガマカツフックに不安要素はないのですが、このフックには更に驚かされました。
現在最高のフックでしょう。是非お試しください。
■場所:香川県 高松
■タックルデータ
ロッド:LUXXE SURMIS 677LUXXE SURMIS 666HLUXXE ATS05 B70M-CRANK MASTER”DEEP”LUXXE ATS05 B76H-FLIP MASTER
リール:SHIMANO メタニウムMgDC7、アルデバランMg、メタニウムMgDC、アンタレスDC7
ライン:D-ARM フロロ 16lb.、APPLAUD GT-R 12lb.(フロロ)、16lb.(ナイロン)、6号(PE)
TREBLEフックは全てがまかつTREBLE RB、SP MHに変更。
刺さりがよく確実にバイトに持ち込みます。
また次回からもフロッグゲームやトップゲームなどのオカッパリを更に楽しめるような釣りを紹介していきたいと思います。
ソルトの方も少しずつですが入れていきたいと思いますのでご期待ください。

LUXXE STAFF

花木 陽太

花木 陽太Hanaki Yota

所属エリア :

関西エリア

釣りジャンル :

バス

RELATED ITEM関連アイテム

  • マイクロスピン タンデムウィロー

    同ウエイトのスピナーベイト史上、最小のシルエット

  • マイクロスピン ダブルウィロー

    同ウエイトのスピナーベイト史上、最小のシルエット