アジング・ボートアジングレポート【がまかつ LUXXE宵姫 インプレッション】

2020.01.31

カンパリ 

陸っぱりアジングに加え、ボートアジングの様子も。
なんと胴突き仕掛けにトレモロAJをセット。果たして吉と出るのか・・・?

かつみ様【がまかつ LUXXE宵姫 インプレッション】

今回宵姫のモニターに当選したものの、仕事が繁忙期のためなかなか釣行に出れず、『準備だけ』は万端に整えいつでも釣りに行ける状態を整えていました。
1枚目は、『準備』した状態の写真で、1.0gのラウンドヘッド1.5gのコブラヘッドそれぞれ一本ずつにトレモロAJのイエロー、クリア、オキアミをセットし、手返し良く攻めることができるよう、ワームのズレを防止するため、ジグヘッド側と、針先側に一滴ずつ瞬間接着剤を垂らし固定をしています。
現場でこの作業を行うのはなかなか手間になりますが、事前にこの作業をやっておくと、不意のボイルが起こった際、回収後ワームのズレを気にする事なくどんどん攻めることができるので効率がかなり上がりました。

ようやく釣行に出られ、この日は昼過ぎの現地入り。
勝手なイメージで、UV=昼、夜光=夜だろ!と、まずは1.0gラウンドヘッド+イエローで勝負。
表層から順に2秒、4秒…とキャスト後のフォール時間を増やしながら底迄順に探ってみるものの最後は根がかり、ラインブレイクでロスト…
続いて1.0ラウンドヘッド+クリアで勝負。
今度は堤防沿いにキャストし足元探り…小さなアタリがあり、ガラカブ(カサゴ)がヒット。この後も堤防際を中心に攻めてみましたが、際限無くガラカブは釣れるもののサイズが上がらなかったので場所移動。
移動した先ではラウンドヘッドにオキアミカラーのセットに交換してみましたが、先程と同じくらいのサイズのガラカブが入れ食いとなり、しばらくしてまた場所移動。
最後の堤防ではようやくメバルを釣ることができましたが、小さすぎるためリリース。


胴突き仕掛けにトレモロをつけてみる

翌日の船釣りに備えて就寝し、レンタル2馬力ボートを借りてタイラバ、ボートアジングへ。
さすがにジグヘッドは軽すぎるため使えませんでしたが、胴突き仕掛けに15号のオモリを付けて、針にはオキアミカラーをちょん掛けで投入。
同行者がタイラバでタイやガラカブを釣り上げる中、朝~昼過ぎ迄何も無く…帰る間際に回ってみたポイントが良かったのか、時合いだったのか、良型のアジが連発!
20分ほどで14~15匹上げたところで船の返却時間となり納竿。
船に携帯を持って行かなかったため釣行中の写真はとれませんでしたがタイラバで上がった根魚、アジ他いいお土産になりました。

LUXXE宵姫 感想

ジグヘッドの使用感としては、ラウンドタイプは1.0g、風の影響もあり飛距離は10m程度、フォール時は真っ直ぐ沈んでいく感じ、キャスト後ゆっくりただ巻き。
コブラは飛距離が15~20mフォール時は螺旋状にくるくる回りながら沈んでいく感じ、キャスト後小さめにワインドしている時がアタリが多かった感じがします。
ワームのカラーは3色試してみましたが、個人的にはオキアミカラーに絶対の信頼を置いており、『他の色はイマイチやろ』と思っておりましたが、クリアが意外にアタリが多く有りました。
動きについても、ラウンドヘッドでただ巻きしている際にもプルプルと振動が伝わってきて周囲にすごくアピールしている感がありました。
今まで使っていたよそのメーカのワームですと、何回からバイトがあるとすぐにボロボロになっていましたが、このワームは、柔らかいのにとにかく丈夫!ラインブレイクでロストした1個以外はまだまだ使える状態で回収ができている事に驚きです。
ただ一点、ワームの本体中央に針を通すためのスリットがあって、スリット入りのワームを使ったことがなかった私には少し使いづらかったです。

RELATED ITEM関連アイテム

  • NEW 宵姫ランディングネット

    魚に優しい高品質ラバーコーティングネット

  • NEW 宵姫スリムジグヘッドボックス

    完全防水でスリムなタックルボックス

  • NEW 宵姫スリムワームボックス

    完全防水でスリムなタックルボックス

  • NEW 宵姫スリムスリットボックス

    完全防水でスリムなタックルボックス

  • NEW 宵姫タックルバック ハード

    2段式収納スペースを装備した大容量タックルバッグ

  • 宵姫 トレモロAJ 2インチ

    ”マイクロストレートトレモロ”フレーバー付き

  • 宵姫 アーミーシャッド 1.8インチ

    シャッドテールタイプ

  • 宵姫 ノレソレ 1.8インチ

    ウナギやアナゴの幼生をイミテートしたボディフォルム