LUXXE

宵姫華弐の全貌

「不要なものをそぎ落とす」ことで、ライトゲームの歴史を変えた「宵姫華」。
いま、それをさらに突き詰め一騎当千の全14モデルが完成した。
ここでは、その全貌をアジングマイスター藤原真一郎に語ってもらおう。

「初代の華を作ったころは、いま思えばアジングもまだまだ始まったばかりで、専用のロッドといっても“いらないものが、沢山ついてた”んですよ。だから、それを全部そぎ落としたことで、このシリーズは高い評価を受けたんだと思います」。

華弐についてのコメントで、藤原が最初に口にしたのは、初代が誕生した経緯だった。わずか1gにも満たないリグを使うライトゲームにとって、ブランクはもちろんだが、ガイドの重さや個数、スレッドやそれをコートするエポキシの厚みさえ、ゲームの展開に大きな影響を与える。黎明期から様々な流用ロッドで試行錯誤を繰り返してきた藤原にとって初代の華は、誕生したばかりのライトゲームロッドにおけるザイン(実存)を提起する試みだったのだ。

「細いラインを捌き、どんなテンションと動きをジグヘッドに伝えるのか、やればやるほど新しい攻め方が見えてくるのがこのゲームです」。いまや、その本質は、多くのユーザーが共有するフェーズに入ったと藤原はいう。

「新しい華弐は、そんな皆さんが“次のドア”を開くものにしたかったんです。それを妥協なく突き詰めていった結果、必然的にアイテムは細分化されて全14モデルになりました。僕のわがままに付き合ってくれた開発陣には感謝です(笑)」。 だから全機種ハズレ無し。ジグ単モデルもフロートを使うロングロッドも、必ずあなたの「脳を刺激する」新たな水中イメージを見せてくれるはずだ。

ジグ単の
スペシャリスト

ジグ単に特化したモデルは、シリーズ初となるALの5’4”を始め、FL&ULとも3機種に細分化され、より深く繊細なテンションコントロールが可能となった。高弾性で張りがあるのに、しっかり曲がる安心感も持ち味。54ALで尺アジを抜いてもなんの不安もないという

激戦区の漁港を制す
超感度ロッド

アジングの人気はとどまることを知らず、都市近郊の漁港の常夜灯下は、まさに過密状態。最盛期には、釣り座を見つけることさえままならないケースもある。「たしかに常夜灯下は釣りやすくて楽しいけれど、これからは、常夜灯下に入れなくてもパターンを見つけられるスキルを磨いておきたいですね」。

だからこそ、ロッドの感度は大きな武器になる。港内だけでなく灯りのない港外にもポイントは沢山ある。レングスの長いモデルに持ち替えて人の届かないスポットを釣るなどの必要性も高まってきた。「じつは、晩秋からの最盛期なら、潮通しがいい場所なら、真っ暗な場所でもアジが回遊していることが多いんですよ」と藤原はいう。そうした様々な状況やポイントの中でも、ベストな感度と操作性を実現できるのが全14モデルとなった華弐のラインナップなのだ。

アジングブームの到来とともに激戦区と化した漁港。ハイプレッシャーな常夜灯下や、潮通しのいい沖の暗部でアドバンテージをえるために華弐は鍛え上げられた。

究極の世界へと導くソリッドティップ

ソリッドティップモデルはソリッドのテーパー・長さ・太さなどを少し変えるだけでロッドの性格を大きく変えることができる。ライトゲームロッドのような繊細系のロッドであれば、わずかな調整であっても大きな影響となる。加えてロッドのトータルレングスやチューブラーサイドのパワー・テーパーなどを考慮すると設計の自由度は途方もない領域に達する。華弐は、藤原の感性が求める特性を、開発陣がチューブラーとともにソリッドの長さを数mm単位で調整し、太さに至っては0.05mm単位で調整して仕上げられている。

完璧なフッキング。これも最適化されたソリッドティップの賜物。「全モデルで、ここまでの完成度を達成できたのは、イメージをすぐに形にしてくれる開発陣のおかげです」
華、天、そして華弐へ。藤原と開発陣が、「宵姫」で積み重ねてきた実戦と経験は、究極の世界を開くこのソリッドティップに集約されている

先鋭化した個性が実現する「本当の扱いやすさ」

より軽く「反響感度」や「荷重感度」が大幅に向上した華弐は、その結果、さらに扱いやすくなった。「いわば1本1本が“この状況SP”です(笑)」。より繊細なテンションコントロールが、ロッドを変えることで劇的に楽になる。
「単に巻きかフォールかだけじゃなくて、ドリフトされている場面でも、流しながら送って落とす、テンションを少し強めて横移動させるのか、巻きを強めてUターンをさせるのかといった選択肢があるでしょう?
テンションを掛け、その中でバイト感じ掛けていくためには、ロッドのレングスやアクションと密接な関係があります。これは、どんなリグでも同じです」。だから、ジグ単用には54ALやULよりも少し硬い57UL+が加わり。
FLでは、5’4”、5’9”、6’8”、ULも5’7”、6’2”、6’9”と細分化された。バーサタイルなLは6’4”と7’2”の二つに分けられ、MLは6’4”にMは7’2”にショート化。8’0”MHと肩を並べるHは8’6”と長くなっている。「中上級者なら、各モデルの“ポテンシャルを引き出す悦び”を必ず感じ取ってもらえるはずです」。これが華弐の配備に込められた藤原真一郎からのメッセージなのだ。

ジグ単も分離リグもテンションコントロールによる演出とその中でバイトを感じ取り掛けていくことは同じだ。華弐はその最適解を徹底的に追求した配備となっている

このゲームにアジ・メバルの境界線はもはや存在しない

華弐は、「アジング専用」ではなく、あくまで「ライトゲームロッド」であると藤原はいう。「アジは“掛け”だけど、メバルは“乗せ”だとよくいわれますよね。でも、メバルも居食い=掛けの釣りがあるし、アジを巻きで乗せることも珍しくありません。アジとメバルは、習性こそ違いはあっても、テンションコントロールを使いバイトを引き出し掛けていく点は同じです」。もちろんライトゲームの主役がアジであることは論を待たないが、メバルでも華弐から自分のポイントにあったモデルをセレクトすれば、ゲームの展開は別物になる。スレ切ったメバルが多い漁港の常夜灯下では、ジグ単モデルが活躍するし、尺を狙う小磯周りの釣りでも細分化されたパワーとレングスの設定がありがたい。なお、繊細さばかりに目が行く華弐だが、パワーモデルの80MHや86Hの底力は大変なもので、藤原は、フロートやメタルジグで、たびたびマダイをキャッチしているとか。ブランクの進化が、かつての不可能を可能にする時代なのだ。

ひとたびリグを海中に投じれば、高感度なブランクが自然の息吹を伝え、小宇宙に匹敵する水中イメージを広げてくれる。それが「ライトゲームロッド」を駆る悦びだ

フロートリグを操る
ライトゲームロングロッド

単に飛距離を稼ぐだけの分離リグに飽き足らず、ジグ単レベルの操作性を実現した「Fシステム」の発案者でもある藤原が監修したとあって、長めのレングスとなる72M、80MH、86Hとも使用リグにベストなパワーに加えてロングロッドらしからぬ感度と操作性を実現。激戦区の竿抜けスポットを直撃する「第二のメインロッド」としての個性を主張している

宵姫華弍 製品情報 2022 LUXXE SPECIAL CONTENT ページへ